2021年06月11日 05時00分 公開
特集/連載

「ポートは使用中です」「ポートは既に開かれています」のエラーが出る原因は?ネットワーク接続エラーの原因と解消法【前編】

「指定されたポートは使用中です」や「指定したポートは既に開かれています」などのエラーメッセージが表示されることがある。こうした状況を引き起こす要因と、トラブルシューティングのポイントは。

[Terry Slattery,TechTarget]

 「指定されたポートは使用中です」(The specified port is already in use)や、「指定したポートは既に開かれています」(The specified port is already open)といったエラーメッセージがPC使用中に表示されることがある。こうしたエラーは何を意味するのか。そしてどうすれば解決できるのか。

「指定されたポートは使用中です」というエラーが出る原因

 このエラーは、PCの複数のアプリケーションが共有不可能なネットワークリソースを同時に使おうとするときに発生する。共有不可能なネットワークリソースは、同時に1つのプロセスやリクエストしか管理できない。一例として無線通信用のモデムがある。無線通信用のモデムは同時に1つの接続しか処理できず、1つのアプリケーションがその接続を使用していると、他のアプリケーションは使用できなくなる。

 共有不可能なネットワークリソースのもう一つの例が、VPN(仮想プライベートネットワーク)のクライアントソフトウェアが使用するポートだ。VPN接続をする場合、VPNのクライアントソフトウェアがポートを開き、全てのトラフィックを暗号化して企業のデータセンターにあるリモートアクセスVPN用の機器に転送する。VPN接続する際のこのポートを使用するアプリケーションが衝突を引き起こすことがある。

「指定したポートは既に開かれています」というエラーが出る原因

原因1.リソースがロックされたスリープ状態のコンピュータ

 「指定したポートは既に開かれています」というエラーメッセージの原因の一つは、PCが一定時間操作されない場合、自動的にスリープ状態になることだ。通常はPCがスリープ状態になった後に復帰すると、ネットワーク接続が切断している。だがOSは、スリープ状態になってもその共有不可能なネットワークリソースを開放しない。この状態でアプリケーションが再びネットワーク接続を確立しようとした場合に、「指定したポートは既に開かれています」というエラーメッセージが出る。PCを再起動すると、問題のネットワークリソースが開放され、再び接続を確立できるようになる。

原因2.ソフトウェアのバグ

 ソフトウェアのバグも「指定したポートは既に開かれています」というエラーメッセージを表示させることがある。アプリケーションは動作を停止する際、通常はネットワークリソースを開放しなければならない。だが、ある一定の条件下では状況に適切に応じられず、ネットワークリソースをロックしたままにしてしまう可能性がある。シリアルポートを備えるPCは、シリアルポートのポート番号を変更することでこの問題を回避できる場合がある。


 「指定したポートは既に開かれています」のエラーメッセージが表示される主な原因は、上記の2つを含めて4つある。後編は残る2つの原因を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...