2014年12月11日 08時00分 公開
特集/連載

電源オフだと見せ掛けて“盗撮” Androidに新たな不正アプリの可能性電源操作を無効化する「休眠マルウェア」も登場か

画面を暗くして電源オフを装い、こっそりとカメラを起動して撮影する――。Androidには、そんな不正アプリを実現可能な不具合があることを専門家が実証した。その脅威に迫る。

[Michael Cobb,TechTarget]

 スマートフォンは本当に、電源を切っていても被害に遭うことがあるのだろうか。電源を落とした状態で、写真や動画を撮影できるスマートフォンアプリケーションがあるという。こうした事態はどうすれば防げるのか。

 端末の電源が入った状態で、カメラやマイクをひそかに起動できるスマートフォンアプリはたくさんある。だが電源が完全に落ちていれば、スマートフォンのこうした機能は使えない。だが最近のスマートフォンは、電源を落としても完全にオフになっているかどうかが分かりにくくなっている。

電源オフを装ってカメラを起動

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

メディア化する企業が勝つ時代の動画マーケティングはどうあるべきか
見込み客の興味についての理解を深化させ、イベントの価値を最大化し、人々の注目を獲得...

news114.jpg

B2B企業のSEO記事コンテンツ制作、「外注に失敗」の経験が8割超――EXIDEA調査
SEOのノウハウはもちろん重要ですが、記事制作を外注するに当たっては、自社や業界のこと...

news027.jpg

さようならiPod Appleへの20年の貢献度を振り返る
ポータブルミュージック40年の歴史とともに、その偉業を振り返ってみましょう。