2014年12月11日 08時00分 公開
特集/連載

電源オフだと見せ掛けて“盗撮” Androidに新たな不正アプリの可能性電源操作を無効化する「休眠マルウェア」も登場か

画面を暗くして電源オフを装い、こっそりとカメラを起動して撮影する――。Androidには、そんな不正アプリを実現可能な不具合があることを専門家が実証した。その脅威に迫る。

[Michael Cobb,TechTarget]

 スマートフォンは本当に、電源を切っていても被害に遭うことがあるのだろうか。電源を落とした状態で、写真や動画を撮影できるスマートフォンアプリケーションがあるという。こうした事態はどうすれば防げるのか。

 端末の電源が入った状態で、カメラやマイクをひそかに起動できるスマートフォンアプリはたくさんある。だが電源が完全に落ちていれば、スマートフォンのこうした機能は使えない。だが最近のスマートフォンは、電源を落としても完全にオフになっているかどうかが分かりにくくなっている。

電源オフを装ってカメラを起動

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...