2014年12月11日 08時00分 公開
特集/連載

電源オフだと見せ掛けて“盗撮” Androidに新たな不正アプリの可能性電源操作を無効化する「休眠マルウェア」も登場か

画面を暗くして電源オフを装い、こっそりとカメラを起動して撮影する――。Androidには、そんな不正アプリを実現可能な不具合があることを専門家が実証した。その脅威に迫る。

[Michael Cobb,TechTarget]

 スマートフォンは本当に、電源を切っていても被害に遭うことがあるのだろうか。電源を落とした状態で、写真や動画を撮影できるスマートフォンアプリケーションがあるという。こうした事態はどうすれば防げるのか。

 端末の電源が入った状態で、カメラやマイクをひそかに起動できるスマートフォンアプリはたくさんある。だが電源が完全に落ちていれば、スマートフォンのこうした機能は使えない。だが最近のスマートフォンは、電源を落としても完全にオフになっているかどうかが分かりにくくなっている。

電源オフを装ってカメラを起動

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。