2015年06月14日 09時00分 公開
特集/連載

ちょっと気になる最近の「Android」の動き、GoogleはIoTでもAppleと衝突?AndroidベースのIoT向けOS「Project Brillo」発表

Googleの「Project Brillo」は、Androidを軽量化したIoT向けプラットフォームだ。Android/iOS搭載スマートフォンとIoT端末をつなげることができる。企業によるIoTの利用は加速するのだろうか。

[Jake O'Donnell,TechTarget]
《クリックで拡大》

 米Googleが発表したIoT向けOSは、IT環境に存在する無数の“モノ”を従来型の機器と接続する有用な手段の1つとなるかもしれない。

 Googleは先日、次のITトレンドとして注目されるIoT向けプラットフォーム「Project Brillo」を発表した。AndroidベースのOSは機能を絞り込むことで軽量化し、性能の低いIoT端末でも動作する。

ITmedia マーケティング新着記事

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。