2015年10月28日 08時00分 公開
特集/連載

Androidに感じる「選択肢の多いことが良いとは限らない」課題はバージョンの多様化

Androidエンタープライズ機能の強化に取り組むGoogleだが、バージョンの多様化がIT部門の頭痛の種だ。

[Matt Schulz,TechTarget]

関連キーワード

Android | OS | iOS


最新OS「Android 6.0 Marshmallow」のWebサイト《クリックで拡大》

 「Android」はエンタープライズ市場に向けに成熟してきたが、現時点においても幾つか重要な機能および性能が欠けている。

 全体的に見れば、Androidのエンタープライズ機能に関して、米Googleが最近進めている取り組みを批判することはとても難しい。同社は競合他社に劣らない優れた仕事をしており、むしろAPIや社内アプリストアツールなど多くの面で他社をリードしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...