2016年07月20日 12時00分 公開
特集/連載

「Android」のフルディスク暗号化に脆弱性、総当たり攻撃でパスワード解読の恐れセキュリティ研究者が問題を指摘

Qualcommのチップセットを搭載する端末の脆弱(ぜいじゃく)性を突いて、「Android」のフルディスク暗号化が悪意ある攻撃者や捜査機関に破られる可能性のあることが明らかになった。

[Michael Heller,TechTarget]

関連キーワード

Android | 暗号化 | 脆弱性


Androidの暗号化解除の流れ(画像はガル・ベニアミニ氏のブログより)《クリックで拡大》

 暗号化やロックがかけられた「iPhone」のデータへのアクセスを求める捜査機関と、それを拒否するAppleの対立は広く報じられてきたが、Android端末については、その手のニュースはあまり聞こえてこない。最近発表された新たな研究によると、Androidのフルディスク暗号化が脆弱(ぜいじゃく)性の悪用によって解除できるかもしれない。

 セキュリティ研究者のガル・ベニアミニ氏は、攻撃者がQualcommプロセッサの安全な要素(TrustZone)におけるカーネルコード実行の脆弱性を悪用し、Androidのフルディスク暗号化を破ることが可能であることを示した。同氏によると、この問題は、Androidがフルディスク暗号化のためにハードウェアキーを使用する方法に起因しているという。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...