2016年02月04日 15時00分 公開
特集/連載

Android端末の66%に影響? Linuxカーネルの脆弱性で割れる意見慎重にパッチ適用の検討を

Linuxカーネルのキーリング機構に関する脆弱(ぜいじゃく)性が新たに見つかり話題になっている。しかし、Linuxエコシステムにとっての危険性について専門家の意見は割れている。

[Michael Heller,TechTarget]

関連キーワード

Google | Linux | Android | セキュリティ | パッチ


Perception Point 脆弱性を報告したPerception Point《クリックで拡大》

 Linuxカーネルのキーリング機構(ドライバがセキュリティデータや認証キー、暗号化キー、カーネル内の他のデータなどを保持したりキャッシュしたりしておく機構)の脆弱(ぜいじゃく)性は、悪用された場合、権限昇格によってローカルユーザーにカーネルコードを実行される恐れがある。だが専門家の間では、この脆弱性の危険度や影響範囲をめぐって議論が起こっている。

 セキュリティ企業Perception Pointの研究チームは、自社の公式ブログでこの脆弱性を発見したと発表し、これは2012年からLinuxカーネルに存在していたものだと指摘した。さらにPoC(概念実証)コードも公開したが、この脆弱性を突いた攻撃の発生は確認されていないと報告した。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...