適用パッチの消失も、物理PCとは異なるVDIのパッチ適用とは仮想デスクトップイメージとストレージに配慮が必要

仮想デスクトップインフラ(VDI)と物理PCではパッチ適用のルールが異なる。VDIのパッチ適用で考慮すべき2つの注意点を紹介する。

2015年12月08日 15時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]
《クリックで拡大》

 仮想デスクトップインフラ(VDI)と物理PCでは、パッチ適用が全く同じわけではない。VDIはストレージシステムへの負担を増やす。読み取り専用の仮想デスクトップイメージでは、ユーザーセッションの終了時にパッチが削除されることが往々にしてある。

 VDIのパッチ適用には、管理者が物理PCでは気に留める必要のない注意点が2つある。1つはネットワークをオーバーロードしないように注意すること。もう1つは非永続型のデスクトップに適用したパッチが消失しないようにすることだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...