2016年04月20日 08時00分 公開
特集/連載

クラウド時代の「認証」再考論【第1回】“パスワードがない世界”が目前でも「パスワード使い回し」が大問題になる理由 (1/2)

パスワード認証の代替技術が成熟し“パスワードがない世界”が現実のものになりつつある一方、パスワードの問題は重大さを増している。その裏にはオンラインサービスの普及と、急激には変わらない認証の現状がある。

[渥美淳一,ネットワンシステムズ]

 SaaS(Software as a Service)やIaaS(Infrastructure as a Service)などのクラウドサービスを中心とする近年のオンラインサービスの普及は、企業に利便性向上をもたらした。だが一方で、安全なオンラインサービスの利用に必須の「認証」には課題が残る。オンラインサービスには、依然として従来型のID/パスワード認証(以下、パスワード認証)が用いられている。そのため、パスワードが漏えいしたりすれば被害の恐れがあるのだ。

 オンラインサービス全盛の今、あらためて重要性が高まる認証の課題。本連載はパスワード認証の課題を整理し、その課題を解決する具体策を探っていく。

パスワードはなぜ“死んだ”のか

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...