2016年07月22日 09時00分 公開
特集/連載

「IDaaS」は“パスワード認証の悪夢”から逃れるための救世主となるか?クラウド時代の「認証」再考論【第3回】(1/3 ページ)

ID/パスワード認証に関わる課題を解消する「フェデレーション」だが、自前でその仕組みを構築するのは骨が折れる。フェデレーションの恩恵を容易に享受できる「IDaaS」の実力に迫る。

[渥美淳一,ネットワンシステムズ]

 連載第1回「“パスワードがない世界”が目前でも『パスワード使い回し』が大問題になる理由」ではパスワードを取り巻く問題を整理し、連載第2回「“パスワード認証の悪夢”から解放する『フェデレーション』の底力」では、その解決策である「フェデレーション」(認証連携)の導入方法について説明した。

 フェデレーションは前回説明した通り、これまでオンラインサービス側が担ってきたパスワードの保管や認証を、他のシステムに任せることを可能にする。例えば企業がMicrosoftのオンラインオフィススイート「Office 365」を利用する場合、Office 365のログイン画面ではなく、「Active Directoryドメインサービス」(以下、AD)やLDAPサーバといった社内のディレクトリサービスで認証したいと考えるところも少なくないだろう。これを実現できるのがフェデレーションだ。

 今回は、このフェデレーションをオンラインサービスとして提供する「Identity and Access Management as a Service」(IDaaS)を取り上げる。IDaaSはどのような機能を提供するのか、企業にどのようなメリットをもたらすのかを説明する。

IDaaSはなぜ登場したのか

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

ベクトル、広告業界のEコマースサイト「ヒロメル」 提供開始
ベクトルグループが持つ成功事例やノウハウを参考に、PR、マーケティング、ブランディン...

news057.jpg

東南アジアのソーシャルコマース最新事情
SNS時代に新しいカスタマージャーニー。アジアの消費者の心をつかむには?

news154.jpg

CEOの多くが「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測――Gartner調査
CEOの半数以上が「成長」に主眼を置き、危機を乗り越えた先には機会があると考えています。