2013年03月29日 18時30分 公開
特集/連載

AndroidとChrome OSが統合か、米Googleの幹部人事で浮上名前は「Android」、中身は「Chrome OS」の統合OS登場?

“Androidの父”ルービン氏がAndroid責任者を退任し、Chrome OS統括のピチャイ氏が同職を兼任――。米Googleが発表した幹部人事は、Android/Chrome OS統合の兆候だとの見方が広がっている。

[Jacqueline Emigh,TechTarget]

 米Googleは2013年3月13日、同社のOSの今後に影響を及ぼすであろう人事異動を発表した。Android責任者のアンディ・ルービン氏が同職を離れ、後任に「Google Chrome」や「Google Apps」を統括するスンダル・ピチャイ氏が就くことになったのだ。

 ルービン氏はGoogleにとどまるが、具体的な役職はまだ明らかになっていない。ルービン氏は、Androidを「米国のスマートフォンに最も多く搭載されるOS」へと進化させた立役者だ。その過程においては、ときに携帯端末メーカーから反発を買うこともあった。

 Googleのラリー・ページCEOは、この人事異動を発表したブログ投稿で過去10年間のAndroidの成長を振り返り、これまでに世界でアクティベートされたAndroid端末が7億5000万台を超えたことや、「Google Play」からのAndroidアプリケーションのダウンロード数が250億件を突破したことなどに言及している。

 「アンディは、われわれがAndroidで夢見たクレイジーで野心的な目標さえをも上回り、非常に強力なリーダーシップを持つチームを築き上げた。アンディは、Android責任者の役割を後任に譲り、Googleで新しい章を開くべきときが来たと判断した」とページ氏は続ける。

 ピチャイ氏は今後、Chrome/Apps部門での現在の職務に加えて、Androidの開発を統括する。同氏は、クロスプラットフォームのWebブラウザであるChromeだけでなく、「Google Chrome OS」の開発も指揮している。

端末メーカーをなだめるため?

 この人事異動の狙いは何か? 一部の観測筋が指摘しているように、AndroidとChrome OSの双方をピチャイ氏の監督下に置くことは、同社が2つのOSを何かしらの方法で一本化することを計画している兆候とも考えられる。

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...