2011年08月26日 18時30分 公開
特集/連載

GoogleのChromebookにセキュリティ脆弱性が発覚か米研究者がGoogle Chromeの拡張機能に弱点を発見

Google Chromeの1つの拡張機能の問題を突いて、別の拡張機能への攻撃が可能になることをセキュリティ研究者が実証した。

[Robert Westervelt,TechTarget]

 米WhiteHat Securityの研究者によると、Google Chromeの拡張機能に弱点が存在し、アカウント情報を盗まれたり、ブラウザセッションを乗っ取られたり、被害者本人も気付かないうちにコンピュータを実質的に制御されたりする恐れがあるという。これは「Chromebook」のセキュリティを脅かす問題だと研究者は指摘する。ChromebookはGoogleのChrome OSを搭載した新しいWebベースのノートPCプラットフォームで、拡張によって各種の機能を実現している。

Chromebookの脆弱性を実証

 WhiteHat Securityのマット・ヨハンセン、カイル・オズボーンの両氏はBlack Hat 2011のプレゼンテーションで、サイバー犯罪者がクロスサイトスクリプティング(XSS)脆弱性を突くことにより、拡張機能を利用できる方法があることを実証した。XSSはWebアプリケーションにありがちなコーディングエラーで、頻繁に攻撃の標的にされている。ChromebookではユーザーがChromeの拡張機能を使って文書などの情報にアクセスしなければならず、この問題の影響は広範に及ぶ可能性もある。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...