2011年07月15日 18時30分 公開
特集/連載

勘違いから学んだ、Googleの「Chrome OS」と「Chromium OS」の違いChrome OS搭載のChromebookは退屈な端末

Webブラウザの「Chrome」と「Chromium」、OSである「Chrome OS」と「Chromium OS」。これらは何が違うのか。筆者の勘違いを基に、これらをあらためて整理してみた。

[Gabe Knuth,TechTarget]

 米Googleの新しいChrome OSを搭載するノートPC「Chromebook」で利用できるHTML5クライアントをめぐり、さまざまなうわさが飛び交う中、うれしいことに私もChromebookを1台入手できた。そして私は、このChromebook「Samsung Series 5」についてレビュー記事(英語)を書いた。その記事で私はこのChromebook上で動作するOSのことを間違って「Chromium」と呼んでしまっていたのだが、親切にも何人かの読者の方々がコメント欄ではなくメールで私にこの間違いを指摘してくれた。そこで私は今回学んだことを皆さんとも共有したいと考えた。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。