2019年06月01日 08時00分 公開
特集/連載

「Chrome OS 74」の注目機能とは? Android/Linuxアプリ利用がより快適にアクセシビリティーも向上

Chrome OSバージョン74は、組織向け機能やアクセシビリティー、セキュリティなどを強化した。AndroidアプリとLinuxアプリ向けの機能を強化し、使い勝手の向上を図る。

[Sabrina Polin,TechTarget]

関連キーワード

Chrome OS | Chromebook | Google


画像

 Googleは2019年5月にクライアントOS「Chrome OS」のバージョン74をリリースした。企業利用と個人利用の両方に向けた新機能だけでなく、「Android」と「Linux」の機能との連携も強化した。


主な強化機能

 Chrome OSバージョン74について、特筆すべき追加機能は以下の通りだ。

  • Webブラウザ「Chrome」でPDFファイルを閲覧できる拡張機能「PDF Viewer」の注釈機能と描画ツール
  • 「マイファイル」フォルダ直下にファイルとフォルダを作成できる機能。これまでは「ダウンロード」フォルダ下に限られていた
  • テキスト読み上げ機能「ChromeVox」で音声をはじめとする複数項目のログ記録を有効にできる開発者オプション
  • バグやエラーが発生した際に、パフォーマンスに関するデータとフィードバックを送信できる機能

 さらに音声アシスタントの「Googleアシスタント」を検索バーに組み込んだ。最近使ったアプリケーションやGoogle検索結果の表示に利用し、ユーザーが検索する回数を減らすことを後押しする。これまでのGoogleアシスタントはアプリケーションとして独立しており、画面に会話を表示する形で利用する必要があった。

Android/Linuxアプリでできることやセキュリティ機能を強化

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。