Windows 10 MobileがiOSやAndroidに大逆転勝利する“最後のシナリオ”「ユニバーサルOS」が鍵に

MicrosoftはモバイルOSでApple、Googleとの競争に負けた。だがモバイル用とデスクトップ用のOSの融合を進めることで優位に立てる可能性がある。

2017年09月22日 05時00分 公開
[Eric KleinTechTarget]
画像 Microsoftがモバイル市場での敗北から立ち直るための策とは

 長年にわたり、Microsoftはコンシューマー用および企業用ソフトウェアのリーダーであり続けてきた。クライアントOSの「Windows 10」やクラウドサービスの「Microsoft Azure」、オフィススイート「Office 365」などの売り上げは順調に伸びている。だがモバイル事業に関しては、かなり前から低迷が続いており、事業の失敗があらわになっている。

 Microsoftのモバイル事業は、2014年のNokia買収以来、定常的に売り上げが減少してきた。この買収後、Microsoftは数十億ドルもの減損損失を計上し、何千人もの人員を削減した。

 2017年7月、MicrosoftはWindows搭載モバイルデバイスで幅広く利用されている「Windows Phone 8.1」のサポートを終了した。後継の「Windows 10 Mobile」は、安定性とアプリケーションの互換性に関する問題が明らかになり、「期待外れのOSだ」という評価を下す人もいる。同社はWindows 10 MobileからWindows Phone 8.1へのダウングレード手段を提供せざるを得なかった。

 Microsoftは、長年にわたって組織のニーズに応え、業務ソフトウェアを数多く提供してきた。一方Microsoftは開発者に対し、モバイルOS向けアプリケーションを充実させることができなかったことが主な理由となり、モバイルデバイスやモバイルOS市場でAppleやGoogleと競争する機会が失われて久しい。特にWindows 10 Mobileは、アプリケーションのエコシステムの面で常に後れを取っており、これまで精いっぱいその遅れを挽回しようとしてきた。

 競合であるAppleとGoogleの両社は、各地域の市場に深く浸透し、確固たる基盤を確立している。Microsoftは一時、ヨーロッパ諸国で勢いを見せていたが、それもつかの間、衰えは止まらず、その市場占有率はわずかである。

モバイルOSとデスクトップOS統合の兆し

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...