2015年07月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

モバイルウォレットが実現する決済の未来現金はいずれ消える――鮮明になるモバイル財布「Apple Pay」「Android Pay」普及の道筋 (1/2)

モビリティ専門家で起業家の筆者にとって、一日中お尻のポケットに入れた財布の上に座っているのは苦痛でしかない。「モバイルウォレット」はその解決策となり得るのだろうか。

[Bryan Barringer,TechTarget]

関連キーワード

POS | Apple | Google | モバイル端末


0715_kf_mobilewallet.jpg モバイル決済サービス「CurrentC」の公式サイト《クリックで拡大》

 筆者は常々、支払いに必要な金銭を持ち歩かなければならないことを疎ましく思っていた。紙幣は破れてボロボロになる。貨幣は不愉快であり、財布の上に一日中座っているとお尻が痛くなる。もし読者が私と同じような人間なら、お金は紛失しやすい(ティーンエージャーのいる家庭ではまさに“消失”する)。クレジットカードだって、それほど優れたものではない。子どもたちがベースボールカードを収集するように、われわれもプラスチック製のカードを収集してしまいがちだ。小売り大手の米Targetや米Walmart、カナダWholesale Club、その他の小売店や雑貨店のカードが、ポケットや財布の中で増殖し続ける。このカードの束を持ち歩くことに耐えているのは実際、現時点でそれらによる支払い方法が要求されない日はほとんどないからである。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...