TechTargetジャパン

レポート
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション
 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざま...(2016/3/31 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
数字で見る、Skype for Businessによるワークスタイル変革の効果とは?
 コスト削減や従業員の生産性向上を目的に、音声やテレビ、Web会議、インスタントメッセージ、構内交換機(PBX)の代替などの機能を提供する統合コミュニケーション基盤(UC&C:ユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーション)を活用する企業が増えている。 中...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

レポート
「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか
 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げたMicrosoft。Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business」へ...(2016/6/1 提供:KDDI株式会社)

製品資料
企業で導入するSkype──要となるセキュリティ管理は大丈夫?
 ビジネスの現場に無料で使えるインターネットコミュニケーションツール「Skype」を導入する企業が増えている。導入のメリットは通話料の大幅削減やチャット利用による業務の効率化、ファイル転送機能による業務高速化などさまざまだ。 しかし、「Skypeを企業で導入する...(2008/6/1 提供:フュージョン・ネットワークサービス株式会社)

レポート
「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか
 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げた米Microsoft。米Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business...(2014/12/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
今再注目されるSkypeの企業導入 要の「セキュリティ管理」は大丈夫?
 VoIPソフトウェアのデファクトスタンダードとして知られる「Skype」。高品質な音声通話やビデオ通話が無料で利用できるため、既に世界中のコンシューマーを中心に高く評価され、利用者数を増やしている。 最近ではコンシューマーのみならず、通信コストに敏感な企業が...(2009/3/16 提供:フュージョン・ネットワークサービス株式会社)

レポート
わが社でも使える? Office 365のライセンス形態をチェック
 「Office 365」を導入するときに、よく話題になるのがライセンスの複雑さです。Office 365には「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」「Skype for Business Online」など多くのアプリケーションがあります。これらは製品単体で契約することももちろん可能ですが、用途...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

製品資料
ビデオ会議を「ただの会議」から「組織やワークスタイル変革」につなげる
 ビデオ会議システムは、メールや電話では伝えられない細かなニュアンスを共有でき、社内外のコミュニケーション密度を大幅に向上させる。意思決定のスピードアップ、テレワークの推進など効果はさまざまで、さらなるニーズも生まれている。 実施のためには、高価な専用...(2016/3/1 提供:株式会社プリンストン)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月2日号:Windows Server 2003少しだけ延命策
 Computer Weekly日本語版 9月2日号は、以下の記事で構成されています。■サポートが終了したWindows Server 2003を「一時的に」延命する方法 2015年7月にサポートが終了したWindows Server 2003だが、まだ多くのサーバで稼働している。取りあえずWindows Server 2003...(2015/9/2 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
SDN移行で注意すべき5つのポイント――導入を成功に導くための課題を解説
 ネットワークをソフトウェアで管理する「SDN(Software-Defined Networking)」は、それまで物理的な作業が伴っていた各種設定変更からITスタッフを解放し、ネットワークの「新設/増設/改変」のスピードを大きく改善する点が特に注目されている。しかし、SDNの導入メ...(2016/6/27 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
どこまでできる? 何がお得? そもそも「Office 365」とは何か
 あるときは月額料金制の「Microsoft Office」、あるときはクラウドメールサーバと、いろいろな顔を持つ「Office 365」。しかし、さまざまな顔を持つため「『Office 365』とは何で、どのようなことに使えるの」と疑問に持つかもしれません。そして、ITにある程度詳しくて...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly アクセス制御の鉄則
 アクセス制御はITセキュリティ対策の基本だ。しかし、これを徹底するのは意外に難しい。企業がやりがちな5つの典型的な失敗と、モバイルを含めたアクセス管理に成功したゲーム会社の事例を紹介する。 本PDFは以下の2つの記事で構成されている。・アクセス制御に関する...(2016/7/13 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
原因はどこにあったのか? 認証局ハッキング事件の全貌
 Webサイトの信頼性を確認するための方法として広く普及しているSSLサーバ証明書。その信頼性を担保する認証局は攻撃対象として狙われることがある。実際、2011年から2012年にかけて、認証局を標的としたハッキング事件が立て続けに発生し、インターネットの安全な利用を...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
コミュニケーション機能のクラウド移行――最大の敵「ネットのダウン」にどう備える?
 組織におけるコミュニケーションは多様化し、音声通話、ファクス、メールに加えて、ボイスメール、ビデオ会議なども使われるようになった。それに伴い増加するツールを統合管理するためにはクラウドが有効だが、コミュニケーション機能をクラウドに依存することのリスク...(2016/6/6 提供:インタラクティブ・インテリジェンス)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月25日号:ビジネス化するランサムウェア
 Computer Weekly日本語版 5月25日号は、以下の記事で構成されています。■ランサムウェアにファイルを暗号化されてしまった2つの組織の分かれ道■「Windowsの操作に最も便利なPowerShell」製ランサムウェアの脅威■1150万文書から関係性を洗い出せ――「パナマ文書」解...(2016/5/25 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「Cortana」「Siri」はまだ時期尚早? 音声アシスタントのビジネス利用の未来像
 Microsoftの「Cortana」やAppleの「Siri」、Googleの「Google Now」など、音声アシスタントが個人利用で人気を博している。しかし、技術がまだ進んでいないこともあり、音声アシスタントのビジネス価値に関して、十分に明確になっていない。果たして音声アシスタント機...(2016/5/19 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
Windows 10への移行を機に考えるPC環境の運用管理――3つの更新オプションの使い方
 マイクロソフトが2016年3月に発表した、Skylake搭載デバイスの「Windows 7/8.1」サポートポリシーの変更で、2017年7月17日のサポート終了予定が2018年7月17日まで延長された。この発表にほっと胸をなで下ろしたIT担当者も多かったはずだ。しかし、「Windows 10」への移...(2016/4/25 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
社内問い合わせ数を3分の1に削減するための「5つの課題」
 人事異動、確定申告、新サービス導入などの時期に集中する社内問い合わせ。ほとんどが類似する内容だが、社内サイトに掲載しても問い合わせは一向に止まない。その一方で、コンシューマーITにおけるユーザーからのサービス問い合わせは、67%がFAQなどで自己解決されて...(2016/4/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月20日号:多くの企業がやっているセキュリティミステイク
 Computer Weekly日本語版 4月20日号は、以下の記事で構成されています。■世界24カ国の上級管理職1140人に聞いた、サーバ仮想化の現実■誰がどの場面で使うのか? ユースケースで生まれ変わるデスクトップPC■グラフ型DB「Neo4j」によるレコメンデーションエンジン開...(2016/4/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
重要性が高まるアプリ実装の阻害要因とは? IDC調査から見えた傾向と対策
 ITインフラが抱える主な課題には、個々の要件に逐次対応したことで生じたサイロ化、データ保護機能やディザスタリカバリ製品のレガシー化による安全性の低下、マルチハイパーバイザー環境による複雑化などが挙げられる。従来のインフラ重視、アプリ軽視の姿勢を大きく変...(2016/4/13 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
Windows 10に震えるベテランユーザーたち
 このところ、Windows UpdateからWindows10への移行を催促されているユーザーも多いと思う。前世代のWindows 8とは違って、Windows 10の評判は“それほど”悪くない。新しいOSが登場すると必ず現れるのが「新しいものを否定する自称ベテランユーザー」だ。Windows 10に対...(2016/4/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Exchange 2013への移行メリットを最大化する「タイミング」と「移行方法」とは?
 Exchange Server 2013は、単なるメールアプリケーションのアップデートにとどまらず、コミュニケーションおよびコラボレーション基盤として、組織の生産性とIT効率の向上に役立つ可能性を持つ。 移行を検討する企業にとって頭の痛い問題は、費用対効果の分析や、現在と...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

製品資料
電子メールや電話システムではもう限界? 次世代の統合型コミュニケーションプラットフォームとは
 ビジネスのスピードや生産性を高めるため、電話、電子メール、ビデオ会議などのコミュニケーションツールが登場してきた。こうしたツールは、信頼性、セキュリティ、ビジネス継続性を高めながら統合が進んでおり、ワークスタイル変革の実現も視野に、統合型コミュニケー...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

レポート
狙われやすいのは小規模企業? 脅威リポートから標的型攻撃の特徴を読み解く
 Webセキュリティやオンライン取引の安全を脅かすさまざまな攻撃は、複雑さを増しながら勢いを拡大している。中でも、企業秘密や顧客データなどの機密情報を盗むという明確な目的を持ち、ターゲット(標的)を定めてソーシャルエンジニアリングやマルウェアと組み合わせ...(2016/3/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

その他
「技術英語」というプログラミング言語をコンパイルせよ
 私たちが到達すべき「To be像」は明確です。私たちは、技術英語というプログラミング言語をコンパイル(翻訳)する、1つの「電子計算機」になるのです。ここで最も大切なことは、1つの機械となった私たちは、理解できない技術英語に対して「Syntax Error(シンタックス...(2016/3/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
あなたの会社は大丈夫? ストレスチェック制度とメンタルヘルス対策
 労働安全衛生法の改正により、従業員50人以上の企業では、従業員に対するストレス状態の把握や、ストレス状態の従業員に対する改善措置の実施が義務化された。ストレス状態の把握では、厚労省の推奨設問である「ストレス反応」「ストレス原因」だけでなく「ストレス耐性...(2016/1/6 提供:株式会社ミロク情報サービス)

技術文書
別冊Computer Weekly F1を支えるIT 2015
 英国メディアのComputer Weeklyでは、F1関連の記事も掲載される。本PDFは、Computer Weekly日本語版が2014年に掲載した翻訳記事の総集編である。モータースポーツ専門誌と異なり、IT系メディアとして普段目にすることのないサーキットやF1チームの内情、IT事情を伝えて...(2015/12/9 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
標的型攻撃に対抗するのはサンドボックスだけではない「コンテンツ&マルウェアフィルタリング」という提案
 一時期、標的型攻撃は「一部の大規模組織だけが狙われる」という考え方が流布されていた。しかし実情を見れば、脆弱性を持つ企業ならどこでも侵入し、そこを踏み台にしてさらに別の企業へ攻撃を仕掛けるケースが起きている。そのため包括的なセキュリティ施策について...(2015/12/2 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

レポート
Googleの企業向けサービス、ビジネス利用は得か? 損か?
 Googleのサービスを導入する企業が増えている。だが、本当にGoogleのサービスはビジネスの命運を委ねるに値するレベルに達したのだろうか? 本コンテンツでは、Googleマップを業務アプリケーションに組み込んだ事例やMicrosoft OfficeからGoogle Appsへ移行した企業の...(2016/2/17 提供:KDDI株式会社)

Loading