TechTargetジャパン

製品資料
残念すぎる弱点がついに解消、ユーザーの不満を招かない「Skype仮想化」
 Microsoft Office 365の機能としても提供される統合コミュニケーションツール「Skype for Business」(以下、Skype)。音声/ビデオ通話、メッセージング、オンライン会議などの機能をSkypeに移行することは、ハードウェアコストと管理負荷の大幅な削減につながる。 こ...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション
 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざま...(2016/3/31 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
数字で見る、Skype for Businessによるワークスタイル変革の効果とは?
 コスト削減や従業員の生産性向上を目的に、音声やテレビ、Web会議、インスタントメッセージ、構内交換機(PBX)の代替などの機能を提供する統合コミュニケーション基盤(UC&C:ユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーション)を活用する企業が増えている。 中...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

製品資料
VoIPやSkype for Businessの通信品質向上に役立つ「SD-WAN」とは?
 VoIPやSkype for Businessで音声品質の劣化や通話の切断が起きるのは、IP-VPN(MPLS)やインターネット接続環境が不安定になり、パケットのロスやトラフィックの遅延が発生するからだ。この対策として契約回線の増設や帯域幅の拡大という方法があるが、不特定多数の利用...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか
 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げたMicrosoft。Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business」へ...(2016/6/1 提供:KDDI株式会社)

製品資料
企業で導入するSkype──要となるセキュリティ管理は大丈夫?
 ビジネスの現場に無料で使えるインターネットコミュニケーションツール「Skype」を導入する企業が増えている。導入のメリットは通話料の大幅削減やチャット利用による業務の効率化、ファイル転送機能による業務高速化などさまざまだ。 しかし、「Skypeを企業で導入する...(2008/6/1 提供:フュージョン・ネットワークサービス株式会社)

レポート
「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか
 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げた米Microsoft。米Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business...(2014/12/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
今再注目されるSkypeの企業導入 要の「セキュリティ管理」は大丈夫?
 VoIPソフトウェアのデファクトスタンダードとして知られる「Skype」。高品質な音声通話やビデオ通話が無料で利用できるため、既に世界中のコンシューマーを中心に高く評価され、利用者数を増やしている。 最近ではコンシューマーのみならず、通信コストに敏感な企業が...(2009/3/16 提供:フュージョン・ネットワークサービス株式会社)

レポート
わが社でも使える? Office 365のライセンス形態をチェック
 「Office 365」を導入するときに、よく話題になるのがライセンスの複雑さです。Office 365には「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」「Skype for Business Online」など多くのアプリケーションがあります。これらは製品単体で契約することももちろん可能ですが、用途...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ビデオ会議を「ただの会議」から「組織やワークスタイル変革」につなげる
 ビデオ会議システムは、メールや電話では伝えられない細かなニュアンスを共有でき、社内外のコミュニケーション密度を大幅に向上させる。意思決定のスピードアップ、テレワークの推進など効果はさまざまで、さらなるニーズも生まれている。 実施のためには、高価な専用...(2016/3/1 提供:株式会社プリンストン)

レポート
一長一短ある「Microsoft」と「Cisco」のUCサービス、あなたにピッタリなのはどっち?
 Microsoftのクラウド版グループウェア「Office 365」に含まれているユニファイドコミュニケーション(UC)サービスとCisco SystemsのUCサービスが市場シェアの大半を占めている。 2社のサービスの大きな違いで挙げられるのがコストだ。Office 365のUCサービスを利用す...(2016/8/10 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
TechTargetジャパン Data Report 2016(2015年4月〜2016年3月版)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 本コンテンツは、2015年度にTechTargetジャパンに掲載され、読者にダウンロー...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
原因はどこにあったのか? 認証局ハッキング事件の全貌
 Webサイトの信頼性を確認するための方法として広く普及しているSSLサーバ証明書。その信頼性を担保する認証局は攻撃対象として狙われることがある。実際、2011年から2012年にかけて、認証局を標的としたハッキング事件が立て続けに発生し、インターネットの安全な利用を...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
ガリガリ君の赤城乳業、クラウドでスピード経営へ 老舗の挑戦
 スピード経営を目指す赤城乳業は、業務現場のニーズを部門ごとに精査し、さまざまな検討を重ねた上で、クラウド型グループウェア「Office 365」の導入に踏み切った。導入前に同社が抱えていたという「7つの課題」は、全て解決できたのだろうか。 ITmedia エンタープラ...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

技術文書
ITサービスマネジメント製品導入戦略ガイド
 ITサービスマネジメント市場が変わりつつある。本稿では技術のコモディティ化やオープンソース、SaaSがIT部門に与える影響と、インソーシングのトレンド、そしてアウトソーシングしたサービスの統合と管理の概念について解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構成されて...(2016/9/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月20日号:本気を出したGoogleはAWSに勝てるのか?
 Computer Weekly日本語版 9月20日号は、以下の記事で構成されています。■AWS対Microsoft対Google──決算報告書に隠されたクラウド戦争の優劣■Windows Mobileを切り捨てたMicrosoftはどこに向かっているのか?■列指向ストレージエンジン「Apache Kudu」とは何か■Go...(2016/9/20 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
分離ネットワークと次世代ファイアウォールを活用した高品質データ転送とは?
 情報漏えいした場合に多大な損害が発生する重要データを大量に扱う企業にとって、データ転送の使いやすさと安全性を同時に確保することは重要な課題だ。 このような企業向けに開発されたのが、分離ネットワークと次世代ファイアウォールを活用した高品質データ転送の手...(2016/9/13 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月7日号:Microsoft対米国政府──判決は?
 Computer Weekly日本語版 9月7日号は、以下の記事で構成されています。■ブロックチェーンの敗者にならないためにCIOがやるべきこと■多くの企業が気付いていないコンシューマーテクノロジー活用の効用■銀行のレガシーシステムを一掃する「Vault OS」、開発者はGoogle...(2016/9/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
キーマンズネット データブック 2016(2016年2月発行)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 企業向けIT製品の総合サイトであるキーマンズネットには、ITベンダー企業制作...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月2日号:Windows Server 2003少しだけ延命策
 Computer Weekly日本語版 9月2日号は、以下の記事で構成されています。■サポートが終了したWindows Server 2003を「一時的に」延命する方法 2015年7月にサポートが終了したWindows Server 2003だが、まだ多くのサーバで稼働している。取りあえずWindows Server 2003...(2015/9/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
アクセスコントロール製品導入戦略ガイド
 現代のIT環境は従来のユーザーアクセス制御の方法に課題を投げ掛け、先進的なID・アクセス管理(IAM)ツールの普及を加速させている。 本稿ではIAMがビジネスアクセスポリシーの中心に位置付けられる理由や、職場が変わってもITやセキュリティ管理者がコントロールを維...(2016/8/31 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月24日号:それでもAzureを選ぶべき理由
 Computer Weekly日本語版 8月24日号は、以下の記事で構成されています。■あらゆる用途にマッチする魔法のブロックチェーンは存在しない■至れり尽くせりなインテリジェントビルを目指す「Watson IoT」導入計画■優秀なDevOpsチームがハマる落とし穴■それでもAWSでは...(2016/8/24 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly フラッシュストレージ市場総まとめ 2016
 今や激戦区となったフラッシュストレージ市場。2016年はどのような製品が登場し、さらにどのような進化を遂げるのか。2016年のフラッシュストレージ市場を解説した3つの記事をまとめた。 本PDFは以下の2つの記事で構成されている。■6大サプライヤーの2016年オールフラ...(2016/8/9 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
SDN移行で注意すべき5つのポイント――導入を成功に導くための課題を解説
 ネットワークをソフトウェアで管理する「SDN(Software-Defined Networking)」は、それまで物理的な作業が伴っていた各種設定変更からITスタッフを解放し、ネットワークの「新設/増設/改変」のスピードを大きく改善する点が特に注目されている。しかし、SDNの導入メ...(2016/6/27 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
どこまでできる? 何がお得? そもそも「Office 365」とは何か
 あるときは月額料金制の「Microsoft Office」、あるときはクラウドメールサーバと、いろいろな顔を持つ「Office 365」。しかし、さまざまな顔を持つため「『Office 365』とは何で、どのようなことに使えるの」と疑問に持つかもしれません。そして、ITにある程度詳しくて...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly アクセス制御の鉄則
 アクセス制御はITセキュリティ対策の基本だ。しかし、これを徹底するのは意外に難しい。企業がやりがちな5つの典型的な失敗と、モバイルを含めたアクセス管理に成功したゲーム会社の事例を紹介する。 本PDFは以下の2つの記事で構成されている。・アクセス制御に関する...(2016/7/13 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
コミュニケーション機能のクラウド移行――最大の敵「ネットのダウン」にどう備える?
 組織におけるコミュニケーションは多様化し、音声通話、ファクス、メールに加えて、ボイスメール、ビデオ会議なども使われるようになった。それに伴い増加するツールを統合管理するためにはクラウドが有効だが、コミュニケーション機能をクラウドに依存することのリスク...(2016/6/6 提供:インタラクティブ・インテリジェンス)

Loading