TechTargetジャパン

製品資料
残念すぎる弱点がついに解消、ユーザーの不満を招かない「Skype仮想化」
 Microsoft Office 365の機能としても提供される統合コミュニケーションツール「Skype for Business」(以下、Skype)。音声/ビデオ通話、メッセージング、オンライン会議などの機能をSkypeに移行することは、ハードウェアコストと管理負荷の大幅な削減につながる。 こ...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション”
 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざま...(2017/3/2 提供:KDDI株式会社)

レポート
ついに固定電話と融合、「Skype for Business Online」が実現するUC環境
 2011年10月にMicrosoftはSkypeを買収した。これにより「Skype for Business」を同社の主要UC製品にすることに成功した。そして「Skype for Business」は、オフィススイート「Office 365」と統合することで新機能を追加し、世界のあらゆる規模の企業に適した製品になりつ...(2017/1/12 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション
 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざま...(2016/3/31 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
数字で見る、Skype for Businessによるワークスタイル変革の効果とは?
 コスト削減や従業員の生産性向上を目的に、音声やテレビ、Web会議、インスタントメッセージ、構内交換機(PBX)の代替などの機能を提供する統合コミュニケーション基盤(UC&C:ユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーション)を活用する企業が増えている。 中...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

製品資料
「Skype for Business」の課題を解消、高音質・低価格の電話会議システムとは?
 ワークスタイルの多様化などを背景として、オンライン会議の重要性が年々高まっている。しかし、「Skype for Business」を導入しても十分に使いこなせず、テレワークや在宅勤務の従業員の生産性を十分に引き出せていないといった企業も多い。 また、Skype for Business...(2017/8/24 提供:ソフトバンク株式会社)

製品資料
Skype for Business Proof of Concept(PoC)環境構築サービス
 Skype for Business(SfB)を含むMicrosoft Office 365は、ICTクラウド技術を活用し、時間や場所を選ばない柔軟なワークスタイルへの変革をもたらします。 Skype for Business PoC環境構築サービスは、 Skype for Businessによるコミュニケーション環境を体感して頂く...(2016/10/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
ワンタッチでビデオ会議を開始、「Skype for Business」をさらに効率化する方法
 SOHOやテレワークなど働き方が多様化したことで、ビデオ会議を採用する企業が急速に増えている。特に数人から20人程度までの規模で行われるハドルミーティングを行う企業が多く、小規模向けや中規模向けのビデオ会議システムへのニーズが高まっている。 しかし、これま...(2017/8/18 提供:株式会社ロジクール)

講演資料
Skype for Business Onlineで社員の働き方が変わるツボ、教えます
 育児や介護をしながらの労働を可能にし、生産性も向上させようと、政府が積極的に推進している「働き方改革」。その実現には社内制度とツールが重要な要素となっている。誰かに急用が起きても、チームや部署内で業務のカバーをしあい、弾力的な働き方ができる、そんなコ...(2016/12/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
VoIPやSkype for Businessの通信品質向上に役立つ「SD-WAN」とは?
 VoIPやSkype for Businessで音声品質の劣化や通話の切断が起きるのは、IP-VPN(MPLS)やインターネット接続環境が不安定になり、パケットのロスやトラフィックの遅延が発生するからだ。この対策として契約回線の増設や帯域幅の拡大という方法があるが、不特定多数の利用...(2016/11/8 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
Skype for Business 導入アセスメントサービス
 Skype for Businessのサービス品質は、利用するネットワーク環境に大きな影響を受けます。ネットワーク環境に問題がある場合、音声遅延や音切れ、ビデオノイズなど、サービス品質に大きな影響を与えます。 サービス品質の低下を招くと、ユーザ利用率が下がり、導入効果...(2016/10/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
実はもう準備はできている、Skype for Business Onlineで始めるビデオ会議
 ビジネスのグローバル化は今後さらに進んでいくと考えられる。またモバイルワークなど場所を選ばない働き方も広まり、他企業との協業もより柔軟なかたちで行われている。遠く離れた拠点同士でリアルタイムに意見をぶつけ合い、迅速に業務のゴールを目指す、このような場...(2016/12/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Skype for Businessと固定電話を統合、ハイブリッド通話システムの実力は?
 近年、ビジネスにおけるコミュニケーション環境は大きく変化し、ソフトフォンによる音声通話やビデオ通話、ビデオ会議などが多くの企業で日常のコミュニケーション手段となりつつある。ソフトフォンはメールやメッセージ、Webなどとも親和性が高く、またスマートフォン...(2016/11/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
「Skype」「YouTubeLive」とも連携、進化したテレビ会議システムの活用法は?
 「テレビ会議システム」は、ビジネスにICTを活用しようという動きのなかで比較的早くに登場したものの1つだろう。長年愛用してきたシステムがある、という企業も多いはずだ。ただ、当然のことながら製品の進化は今も続いている。 それは、映像や音声の品質が向上したと...(2017/7/3 提供:アバー・インフォメーション株式会社)

製品資料
固定電話とクラウドPBXを連携、Skype for Businessで実現する統合通話環境
 近年は音声通話やビデオ通話、ビデオ会議、そしてメールやメッセージなどを統合したユニファイドコミュニケーション(UC)を取り入れる企業が増えている。UCでは多彩なコミュニケーション手段を柔軟に使い分けることができ、スマートフォンなどとの親和性も高く、高い利...(2016/11/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Skype for Business Cloud Connector Edition
 Skype for Business Cloud Connectorエディションにおいて、クラウドPBXサービスで、オンプレミスのPSTN(電話網)との接続が可能となる環境構築サービスです。 『50名からのスタートサービス』として、50名の少人数からのクラウドPBX利用環境を提供します。 CCEサー...(2016/10/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか
 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げたMicrosoft。Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business」へ...(2016/2/16 提供:KDDI株式会社)

製品資料
「アプリかデスクトップか」では解決しない仮想化への不満をどう解消する?
 ワークスタイルの多様化、セキュリティとコンプライアンスの改善、IT予算の削減など、仮想デリバリー技術はこれまでにもさまざまなビジネス上の課題を解決してきた。しかし、ほとんどの場合、ユーザーが選択できるのは仮想アプリや仮想デスクトップのいずれかだ。 この...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
企業で導入するSkype──要となるセキュリティ管理は大丈夫?
 ビジネスの現場に無料で使えるインターネットコミュニケーションツール「Skype」を導入する企業が増えている。導入のメリットは通話料の大幅削減やチャット利用による業務の効率化、ファイル転送機能による業務高速化などさまざまだ。 しかし、「Skypeを企業で導入する...(2008/6/1 提供:フュージョン・ネットワークサービス株式会社)

製品資料
オフィスの騒音対策、「ヘッドセット」導入で生産性と働き方はどう変わるのか?
 生産性を向上させるために、多くの企業が「働き方改革」に取り組んでいる。しかし、その意識はシステムや仕組みの整備に偏りがちで、個々の従業員が使用する端末は軽視されがちだ。そのため、オフィスのさまざまな場面で、生産性を低下させる要因となっている“音”への...(2017/8/29 提供:GNオーディオジャパン)

レポート
「Microsoft Teams」は「Slack」に勝てるのか、ポイントは“働き方の劇的変化”
 Microsoftは、2016年11月にコラボレーションツール「Microsoft Teams」(Teams)を発表した。Teamsは小規模の企業や大企業の部署レベルで注目集める「Slack」の大きなライバルとして登場したが、果たしてどのような機能が実装されるのだろうか。またSlackとの違いはどこ...(2017/3/17 提供:KDDI株式会社)

製品資料
最適なアクセスポイントに常時接続、IEEE 802.11acも徹底活用できる無線LAN運用
 ワークスタイルの多様化やモバイル端末の活用を進める上で欠かせない無線LAN環境。ユーザー増加に合わせて規模を拡張したり、ギガビット無線LANを導入したりしても、不安定な接続状況が改善されず、期待したほどのスループットが得られないケースも少なくない。 その典...(2017/5/15 提供:株式会社日立システムズ)

レポート
「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか
 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げた米Microsoft。米Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business...(2014/12/25 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
自社にぴったりなビデオ会議システム見極め術&実務で使い倒す最強Tips集
 ビデオ会議システムは、時間と場所を問わない会議を実現する。働き方改革を目指して導入を検討している企業は少なくない。無償体験版を利用して実験的に運用している企業もあるだろう。 世の中には一般消費者向けのさまざまなモバイルビデオ通話システムが普及している...(2017/9/28 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
今再注目されるSkypeの企業導入 要の「セキュリティ管理」は大丈夫?
 VoIPソフトウェアのデファクトスタンダードとして知られる「Skype」。高品質な音声通話やビデオ通話が無料で利用できるため、既に世界中のコンシューマーを中心に高く評価され、利用者数を増やしている。 最近ではコンシューマーのみならず、通信コストに敏感な企業が...(2009/3/16 提供:フュージョン・ネットワークサービス株式会社)

製品資料
カスタマーエクスペリエンス向上を実現するアプリケーションをどう選ぶ?
 コンタクトセンターのように、顧客とのコミュニケーションや従業員同士のコラボレーションが重要な業務では、ITによるサポートが欠かせない。さらにピーク時の負荷や事業の成長などに対応するため、近年はコミュニケーションプラットフォームとして、拡張性の高いクラウ...(2017/11/1 提供:ジェネシス・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月1日号:GDPR時代のメールセキュリティ対策総まとめ
 Computer Weekly日本語版 11月1日号は、以下の記事で構成されています。■AWSで最も使用されているOS&データベース、Docker導入率は?■NVMeストレージにおける高性能と高機能の両立で過熱する開発競争■クラウド時代の認証方式SDP(Software Defined Perimeter)導入...(2017/11/1 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
売上高2億円を境に変わる経営者の意識、売上高の壁をどう乗り越えたのか?
 中小企業の多くは、売上高2億円の壁に悩まされているといわれる。経営者の努力によって2億円に到達したものの、その上の領域は従来のルーティンでは通用しない。では経営者はどのようにして壁を越えればいいのか。その答えが、中小企業経営者たちの生の声にあった。 彼...(2017/10/31 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
広がる「AIチャットボット」用途に応じた製品選択が秘訣、成功のポイントを解説
 昨今話題となっているAIチャットボット(ChatBot)。多くの企業が活用を進めているが、その中には失敗するケースも少なからず見られる。他のシステム導入と同様、用途によってそれぞれに提供されている機能が大きく異なるため、目的や要件、運用コストを明確にして導入...(2017/10/31 提供:ARアドバンストテクノロジ株式会社)

Loading