TechTargetジャパン

製品資料
残念すぎる弱点がついに解消、ユーザーの不満を招かない「Skype仮想化」
 Microsoft Office 365の機能としても提供される統合コミュニケーションツール「Skype for Business」(以下、Skype)。音声/ビデオ通話、メッセージング、オンライン会議などの機能をSkypeに移行することは、ハードウェアコストと管理負荷の大幅な削減につながる。 こ...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション”
 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざま...(2017/3/2 提供:KDDI株式会社)

レポート
ついに固定電話と融合、「Skype for Business Online」が実現するUC環境
 2011年10月にMicrosoftはSkypeを買収した。これにより「Skype for Business」を同社の主要UC製品にすることに成功した。そして「Skype for Business」は、オフィススイート「Office 365」と統合することで新機能を追加し、世界のあらゆる規模の企業に適した製品になりつ...(2017/1/12 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション
 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざま...(2016/3/31 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
数字で見る、Skype for Businessによるワークスタイル変革の効果とは?
 コスト削減や従業員の生産性向上を目的に、音声やテレビ、Web会議、インスタントメッセージ、構内交換機(PBX)の代替などの機能を提供する統合コミュニケーション基盤(UC&C:ユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーション)を活用する企業が増えている。 中...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

製品資料
Skype for Business Proof of Concept(PoC)環境構築サービス
 Skype for Business(SfB)を含むMicrosoft Office 365は、ICTクラウド技術を活用し、時間や場所を選ばない柔軟なワークスタイルへの変革をもたらします。 Skype for Business PoC環境構築サービスは、 Skype for Businessによるコミュニケーション環境を体感して頂く...(2016/10/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
Skype for Business Onlineで社員の働き方が変わるツボ、教えます
 育児や介護をしながらの労働を可能にし、生産性も向上させようと、政府が積極的に推進している「働き方改革」。その実現には社内制度とツールが重要な要素となっている。誰かに急用が起きても、チームや部署内で業務のカバーをしあい、弾力的な働き方ができる、そんなコ...(2016/12/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
VoIPやSkype for Businessの通信品質向上に役立つ「SD-WAN」とは?
 VoIPやSkype for Businessで音声品質の劣化や通話の切断が起きるのは、IP-VPN(MPLS)やインターネット接続環境が不安定になり、パケットのロスやトラフィックの遅延が発生するからだ。この対策として契約回線の増設や帯域幅の拡大という方法があるが、不特定多数の利用...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
Skype for Business 導入アセスメントサービス
 Skype for Businessのサービス品質は、利用するネットワーク環境に大きな影響を受けます。ネットワーク環境に問題がある場合、音声遅延や音切れ、ビデオノイズなど、サービス品質に大きな影響を与えます。 サービス品質の低下を招くと、ユーザ利用率が下がり、導入効果...(2016/10/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
実はもう準備はできている、Skype for Business Onlineで始めるビデオ会議
 ビジネスのグローバル化は今後さらに進んでいくと考えられる。またモバイルワークなど場所を選ばない働き方も広まり、他企業との協業もより柔軟なかたちで行われている。遠く離れた拠点同士でリアルタイムに意見をぶつけ合い、迅速に業務のゴールを目指す、このような場...(2016/12/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Skype for Businessと固定電話を統合、ハイブリッド通話システムの実力は?
 近年、ビジネスにおけるコミュニケーション環境は大きく変化し、ソフトフォンによる音声通話やビデオ通話、ビデオ会議などが多くの企業で日常のコミュニケーション手段となりつつある。ソフトフォンはメールやメッセージ、Webなどとも親和性が高く、またスマートフォン...(2016/11/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
固定電話とクラウドPBXを連携、Skype for Businessで実現する統合通話環境
 近年は音声通話やビデオ通話、ビデオ会議、そしてメールやメッセージなどを統合したユニファイドコミュニケーション(UC)を取り入れる企業が増えている。UCでは多彩なコミュニケーション手段を柔軟に使い分けることができ、スマートフォンなどとの親和性も高く、高い利...(2016/11/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Skype for Business Cloud Connector Edition
 Skype for Business Cloud Connectorエディションにおいて、クラウドPBXサービスで、オンプレミスのPSTN(電話網)との接続が可能となる環境構築サービスです。 『50名からのスタートサービス』として、50名の少人数からのクラウドPBX利用環境を提供します。 CCEサー...(2016/10/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか
 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げたMicrosoft。Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business」へ...(2016/2/16 提供:KDDI株式会社)

製品資料
企業で導入するSkype──要となるセキュリティ管理は大丈夫?
 ビジネスの現場に無料で使えるインターネットコミュニケーションツール「Skype」を導入する企業が増えている。導入のメリットは通話料の大幅削減やチャット利用による業務の効率化、ファイル転送機能による業務高速化などさまざまだ。 しかし、「Skypeを企業で導入する...(2008/6/1 提供:フュージョン・ネットワークサービス株式会社)

製品資料
「アプリかデスクトップか」では解決しない仮想化への不満をどう解消する?
 ワークスタイルの多様化、セキュリティとコンプライアンスの改善、IT予算の削減など、仮想デリバリー技術はこれまでにもさまざまなビジネス上の課題を解決してきた。しかし、ほとんどの場合、ユーザーが選択できるのは仮想アプリや仮想デスクトップのいずれかだ。 この...(2016/11/17 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
「Microsoft Teams」は「Slack」に勝てるのか、ポイントは“働き方の劇的変化”
 Microsoftは、2016年11月にコラボレーションツール「Microsoft Teams」(Teams)を発表した。Teamsは小規模の企業や大企業の部署レベルで注目集める「Slack」の大きなライバルとして登場したが、果たしてどのような機能が実装されるのだろうか。またSlackとの違いはどこ...(2017/3/17 提供:KDDI株式会社)

レポート
「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか
 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げた米Microsoft。米Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business...(2014/12/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
今再注目されるSkypeの企業導入 要の「セキュリティ管理」は大丈夫?
 VoIPソフトウェアのデファクトスタンダードとして知られる「Skype」。高品質な音声通話やビデオ通話が無料で利用できるため、既に世界中のコンシューマーを中心に高く評価され、利用者数を増やしている。 最近ではコンシューマーのみならず、通信コストに敏感な企業が...(2009/3/16 提供:フュージョン・ネットワークサービス株式会社)

レポート
もはや必須ツール? 進化したユニファイドコミュニケーション「UCaaS」の選び方
 従業員の働き方を変えて生産性を向上させるために、ワークスタイル変革を実践する企業が近年増えている。ワークスタイル変革の第一歩として、企業は、デスク中心の働き方から、働く場所を自由に選べる働き方へ変わろうとしている。その働き方を実現する製品として、次世...(2017/3/2 提供:KDDI株式会社)

レポート
一長一短ある「Microsoft」と「Cisco」のUCサービス、あなたにピッタリなのはどっち?
 Microsoftのクラウド版グループウェア「Office 365」に含まれているユニファイドコミュニケーション(UC)サービスとCisco SystemsのUCサービスが市場シェアの大半を占めている。 2社のサービスの大きな違いで挙げられるのがコストだ。Office 365のUCサービスを利用す...(2017/1/11 提供:KDDI株式会社)

レポート
わが社でも使える? Office 365のライセンス形態をチェック
 「Office 365」を導入するときに、よく話題になるのがライセンスの複雑さです。Office 365には「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」「Skype for Business Online」など多くのアプリケーションがあります。これらは製品単体で契約することももちろん可能ですが、用途...(2016/7/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ビデオ会議を「ただの会議」から「組織やワークスタイル変革」につなげる
 ビデオ会議システムは、メールや電話では伝えられない細かなニュアンスを共有でき、社内外のコミュニケーション密度を大幅に向上させる。意思決定のスピードアップ、テレワークの推進など効果はさまざまで、さらなるニーズも生まれている。 実施のためには、高価な専用...(2016/3/1 提供:株式会社プリンストン)

レポート
原因はどこにあったのか? 認証局ハッキング事件の全貌
 Webサイトの信頼性を確認するための方法として広く普及しているSSLサーバ証明書。その信頼性を担保する認証局は攻撃対象として狙われることがある。実際、2011年から2012年にかけて、認証局を標的としたハッキング事件が立て続けに発生し、インターネットの安全な利用を...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月22日号:3D NANDで飛躍するフラッシュストレージ
 Computer Weekly日本語版 2月22日号は、以下の記事で構成されています。■本当にPCは必要なのか? CIOはクライアント機器を再検討すべし■DNS関連のセキュリティリスクトップ3とその対策■悪質なWebスクレイパーからWebサイトを守る方法■MongoDB導入で航空券発行サー...(2017/2/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
複雑過ぎて頭を悩ます「Office」のライセンス、中堅・中小企業に最適なのは?
 「Microsoft Office」のライセンスには、気が遠くなるほど多くの選択肢が用意されている。Microsoftは、「Windows」搭載のクライアントPC(Windows PC)やAppleの「Mac」、各種モバイルプラットフォーム対応のOfficeを提供している。ただし、モバイル版は、Windows PCや...(2017/2/14 提供:KDDI株式会社)

レポート
技術者への「次世代ファイアウォール」入門
 企業ネットワークに押し寄せる新しいセキュリティ脅威の標的は、「ファイアウォール対応」アプリケーションやアプリケーション層の脆弱性に及び、従来のファイアウォールでは企業ネットワークを十分に保護できなくなっている。単一機能のアプライアンスの組み合わせは...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

Loading