2020年10月31日 08時30分 公開
特集/連載

“不気味の谷”よりも深刻な「人格を備えたチャットbot」が引き起こす問題「人格を備えたチャットbot」への期待と不安【前編】

チャットbotに人格を加えると“不気味の谷”現象を引き起こすだけではなく、倫理上の疑問が持ち上がる恐れもある。こうした障害を避けながら、チャットbotの魅力を高めるためにはどうすれがよいのだろうか。

[David A. Teich,TechTarget]

関連キーワード

機械学習


 チャットbotの影響力が増している。開発者はチャットbotのパフォーマンスを高めるために、AI(人工知能)技術を応用してその人格に深みを持たせ、より真に迫ったものにするようになっている。ただし、こうした動きは人に近づくことで不気味さや嫌悪感が高まる「不気味の谷」と呼ばれる現象だけではなく、幾つかの深刻な問題を引き起こす。

 いまだにチャットbotの受け入れさえ課題となっている。さらに悪いことに、人格を備えるチャットbotを構築しようとする取り組みは非常に否定的に捉えられている。例えば人を模したGoogleの予約代行機能「Google Duplex」には倫理上の疑問が持ち上がった。ビジネスや倫理に関する課題に加え、教師データを管理するという技術的問題もある。これはMicrosoftのチャットbot「Tay」が人種差別や女性蔑視、反ユダヤ主義を短期間で学んだという典型的な例からも分かる。

 チャットbotを活用する機会そのものは広がっている。ただし技術と倫理を調和させる方法についての問題は残ったままだ。

“不気味の谷”よりも深刻なチャットbotの倫理問題

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。