2020年10月31日 08時30分 公開
特集/連載

「iPad Air(第4世代)」「iPad(第8世代)」は、買う価値があるのか?「iPad OS 14」「iOS 14」のポイントも解説

Appleの「iPad Air(第4世代)」「iPad(第8世代)」は、どちらも前世代から機能面で強化が図られている。ただし仕事により役立つようになったかどうかは話が別だ。実際のところはどうなのか。

[Mike Gleason,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iPad | ビジネスPC | iOS | タブレット


 Appleが2020年10月に販売を開始したタブレット「iPad Air(第4世代)」(以下、第4世代iPad Air)は、10.9型ディスプレイと独自プロセッサ「A14 Bionic」を搭載する。同社が2020年3月に発売した「11インチiPad Pro(第2世代)」(以下、第2世代11インチiPad Pro)より新しいプロセッサを採用しており、最小構成価格は第2世代11インチiPad Proの8万4800円(税別、以下同じ)よりも約2万円安い6万2800円だ。

 第4世代iPad Airはデータ転送や充電のインタフェースに「USB Type-C」を採用しており、データ転送速度は最大5GBpsだ。これにより、カメラを始めとした外部のデバイスからデータを素早く転送できる。認証システムには指紋認証を採用し、センサーを上部の電源ボタンに搭載する。Appleのトラックパッド付きキーボード「Magic Keyboard」を使用できるのも特徴だ。これまでこのキーボードが使用できるのは「iPad Pro」シリーズのみだった。

結局、買う価値はあるのか

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。