「iPad Air(第4世代)」「iPad(第8世代)」は、買う価値があるのか?「iPad OS 14」「iOS 14」のポイントも解説

Appleの「iPad Air(第4世代)」「iPad(第8世代)」は、どちらも前世代から機能面で強化が図られている。ただし仕事により役立つようになったかどうかは話が別だ。実際のところはどうなのか。

2020年10月31日 08時30分 公開
[Mike GleasonTechTarget]

関連キーワード

Apple | iPad | ビジネスPC | iOS | タブレット


 Appleが2020年10月に販売を開始したタブレット「iPad Air(第4世代)」(以下、第4世代iPad Air)は、10.9型ディスプレイと独自プロセッサ「A14 Bionic」を搭載する。同社が2020年3月に発売した「11インチiPad Pro(第2世代)」(以下、第2世代11インチiPad Pro)より新しいプロセッサを採用しており、最小構成価格は第2世代11インチiPad Proの8万4800円(税別、以下同じ)よりも約2万円安い6万2800円だ。

結局、買う価値はあるのか

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...