「マスター」「スレーブ」は“死語”に 技術による偏見への向き合い方技術は差別を助長するか【後編】

顔認識技術を使った既存システムは、特定の人種や性別を差別的に扱う傾向があることが明らかになった。技術による差別と向き合う中で、大手ベンダーの中には一部の技術や用語の利用を避ける動きがある。

2020年10月30日 05時00分 公開

関連キーワード

機械学習


 機械学習などの人工知能(AI)技術はアプリケーションを豊かにする目的で使われる。実際には、人がその根本のプログラムを開発している。AIアルゴリズムの変数を最初に定義したのは、プログラムを開発した人だ。基準がうまく定義されていなければ、結果として一般化につながりかねず、それは差別的行動につながり得る。

「マスター」「スレーブ」は“死語”に

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...

news145.jpg

女子スポーツが生み出す収益は2024年に10億ドル以上 広告主や大手広告代理店も本気に
WPP傘下の大手メディアエージェンシーGroupMは、AdidasやUnileverなどのクライアントの支...

news011.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年4月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。