“脱メール”の夢は「Slack」で本当にかなうのか?特選プレミアムコンテンツガイド

組織のコミュニケーション手段として広がりを見せる「Slack」「Skype for Business」「Microsoft Teams」などのコラボレーションツール。こうしたツールは、メールの代わりになるのだろうか。

2023年03月24日 04時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 ビジネスの主要なコミュニケーションツールと言えばメールだったが、近年は「Slack」などのコラボレーションツールをコミュニケーション手段として重視する組織が少なくない。メールと比べて、メッセージのやりとりやファイルの共有を手軽に実現できるためだ。

 社内に閉じたコミュニケーションに限らず、最近では社外との連絡手段としてこうしたコラボレーションツールを活用するケースが目立ってきた。そこで疑問が生じる。「コラボレーションツールはメールの代わりになるのかどうか」という問題だ。メールを使ったコミュニケーションの煩雑さにうんざりしていた人にとって、メールからの脱却がかなうとすれば大きなメリットになる。

 本資料は、Slackや「Microsoft Teams」「Skype for Business」といった主要コラボレーションツールの利用実態と、メールの代わりにコラボレーションツールを導入すべき理由などを紹介する。メールを中心としたコミュニケーション手段に疑問を感じている人に、ぜひ読んでもらいたい。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

記事ごとに読む

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...