2019年09月10日 05時00分 公開
特集/連載

今後は「Teams」の利用を推奨「Skype for Business Online」が終了へ オンプレミス版への影響は?

Microsoftは2021年7月31日に「Skype for Business Online」の提供を中止すると発表した。このことが企業に与える影響は決して小さくないが、大きな問題は他にある。

[Antone Gonsalves,TechTarget]

関連キーワード

Skype | Microsoft(マイクロソフト) |


画像 《クリックで拡大》

 Microsoftはこのほど、コラボレーションサービス「Skype for Business Online」の終了スケジュールを発表し、代替として同社の「Microsoft Teams」への乗り換えに備えるようユーザー企業に促した。

 発表によると、Microsoftは2021年7月31日に、オフィススイート「Office 365」からSkype for Business Onlineを削除する。オンプレミス版の「Skype for Business Server」およびコンシューマー向けの「Skype」は、この措置の影響を受けない。

 Skype for Business OnlineはOffice 365のサブスクリプション契約に含まれており、2019年9月1日までは引き続きユーザーの追加ができる。その日以降、新規のOffice 365ユーザーはTeamsに追加される。

 Microsoftによると、Skype for Business Onlineの機能は2018年8月以降、全てTeamsに搭載されており、Office 365の利用者にとってSkype for Business Onlineは不要になった。MicrosoftはTeamsを、会議と通話のための「完成された」サービスと位置付ける。

 中小企業や個人事業主などのスモールビジネスに対しては、Microsoftが2018年11月以来、SkypeからTeamsに切り替えるよう促してきた。しかしユーザー企業からは、TeamsにはSkypeのコミュニケーション機能の多くが搭載されているものの、Teamsの方が複雑だという声が上がっていた。従って、企業では従業員向けの研修が必要になりそうだ。

 調査会社Nemertes Researchのアナリスト、アーウィン・レーザー氏によると、Skype for Business Onlineの終了は、主に同製品を通話のために使っている企業が影響を受ける。Skype for Business Onlineをメッセージのやりとりに利用していた企業のほとんどは、既にTeamsへ移行したとレーザー氏は説明する。「TeamsがSkype for Business Onlineに匹敵する機能を搭載していることを考えると、残るSkype for Business Onlineの利用客もすぐにTeamsへ移行するだろう」と同氏は予想する。

より深刻なオンプレミス版Skype for Businessへの影響

ITmedia マーケティング新着記事

news006.gif

Amazon Alexa対応新型「Fire TV Cube」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...