2018年11月07日 05時00分 公開
特集/連載

ハイブリッド版「Skype for Business」を開発? Microsoft Teams移行促進で動きSkype用の新サーバでサポート延長も

Microsoftは、クラウドベースのIPコミュニケーションソフトウェアに移行する足掛かりとなる、クラウドとオンプレミス環境両方で利用できるビジネス向けSkypeの開発を進めている。

[Jonathan Dame,TechTarget]
画像

 Microsoftは、ユーザーが「Microsoft Azure」のクラウドとオンプレミス環境の両方で利用できるハイブリッド版の「Skype for Business」を開発している。この動きは、ユーザーがクラウドベースのIPコミュニケーションの利点を享受するための取り組みをMicrosoftが十分にできていないという企業側の不満を反映している。

 Microsoftが主催するカンファレンス「Microsoft Ignite 2018」におけるインタビューで、「Microsoftは間もなくSkype for Businessのハイブリッド版をリリースする」と、「Office 365」コラボレーションツールの責任者を務めるロリ・ライト氏は語った。

 「Skype for Businessの一部をオンプレミスに残し、その他の部分をクラウドに移行したいと考えるユーザーがいる。その対応策を現在検討している」(ライト氏)

Skype for Businessに対するユーザー企業の不満

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。