2020年03月07日 08時30分 公開
特集/連載

「Microsoft Teams」と個人向け「Skype」の連携は本当に実現するのか?Skype for Businessからの移行はまだ様子見?

Microsoftは「Microsoft Teams」と個人向け「Skype」で相互に通話とメッセージの送受信ができる機能を2020年3月中に提供する見込みだ。ただし過去の出来事を踏まえると、計画通りに進むかどうかは予断を許さない。

[Jonathan Dame,TechTarget]

 ビジネスチャットを中心としたチームコミュニケーションサービス「Microsoft Teams」と個人向け音声通話ソフトウェア「Skype」間の連携が2020年3月に実現する。この連携により、Teamsと個人向けSkypeのエンドユーザー間でチャットや通話ができるようになる。

 Skypeの企業向けサービス「Skype for Business」では、以前から個人向けSkypeとの連携機能を提供している。この機能を社外とのコミュニケーションに利用している企業は少なくない。ただしMicrosoftはSkype for Businessを2021年に終了することと、同サービスの機能をTeamsに完全移行することを予告済みだ。

 調査会社451 Researchでアナリストを務めるラウル・キャスタノン・マルティネス氏は、Teamsと個人向けSkypeとの連携が実現していないことは、TeamsがまだSkype for Businessと同じ機能を用意できていない事実を強調していると語る。Microsoftは2018年に、TeamsにSkype for Businessと同等の機能を追加する計画を策定したと発表したが、両者の機能にはまだ開きがある。

一度消えかけたTeamsとSkypeの連携

 マルティネス氏は、Skype for BusinessとTeamsの機能が同等ではないことを踏まえて「MicrosoftはSkype for BusinessのユーザーにTeamsへの移行を勧めるべきではない」と述べる。「個人向けSkypeとTeamsの連携は、Microsoftにとって最優先事項の一つだ」(マルティネス氏)

 Teamsユーザー向けにMicrosoftが用意するフィードバック用Webサイトでは、Teamsと個人向けSkypeとの連携を求める投票に3000票以上が集まった。Microsoftは当初、2018年第2四半期中にこの機能を実現すると発表したが、2018年5月には「優先度の変更」を理由に再検討項目に格下げしていた。

 TeamsについてMicrosoftが公開しているロードマップによると、追加を計画している機能が20件以上ある。ただしオフィススイート「Office 365」のグループ予定表にアクセスする機能や、チャネルをアーカイブ(保管)する機能など、ユーザーから要望の多い複数の機能について、提供開始日をまだ発表していない。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...

news020.jpg

SDGsステートメント策定までにやったこと 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【後編】
前編に引き続き、LMGのSDGs推進活動をご指導いただいた北九州市立大学教授の眞鍋和博氏と...

news014.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年8月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの顧客ドメイン数ランキングを紹介します。