2020年04月01日 10時00分 公開
インフォメーション

Microsoft製品で共有された機密情報は全世界に公開可能Computer Weekly日本語版

ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!

[ITmedia]

サービス規約の熟読を推奨

 ソフトウェアライセンス専門のコンサルタント企業のCernoは、Microsoftのサービス規約に問題があると警告している。同社によると、MicrosoftのSaaSで作成されたドキュメントなどのコンテンツを他者にメール送信したり共有設定したりすると、そのコンテンツは全世界に公開される可能性があるという。

 Microsoftサービス契約では、「Outlook」から配信されたメールは、受信者がいかなる用途で使用することも、その後共有することも自動的に可能になると示唆されているともCernoは警告する。同社によると、「Microsoft Teams」のプライベートグループで作成されたSkype通話や会議も情報の機密度にかかわらず誰にでも配信できるという。

 そこで実際にMicrosoftのサービス規約を確認してみた。