2019年09月03日 10時05分 公開
特集/連載

「音声アシスタント」が“盗聴”「Alexa」「Googleアシスタント」「Siri」の録音は人が聞いていた

Amazon.com、Google、Appleはそれぞれの音声アシスタントが収集した音声データを請負業者が聞いていることを明らかにした。ただしそれがどんな頻度なのか、どの程度の量を対象とするのかは不明だ。

[Jonathan Dame,TechTarget]
画像

 Amazon.com(以下、Amazon)は、人工知能(AI)エンジンを搭載して話し言葉に応答する音声アシスタントの「Alexa」に関し、「Alexaが記録する音声データを同社の従業員が聞く場合がある」と告知した。これを受け、企業向けAlexaである「Alexa for Business」のユーザー企業から、プライバシーを懸念する声が上がっている。「Alexa for Businessが収集した音声データを、人がどのくらいの頻度で聞いているのか説明してほしい」という複数の問い合わせに対し、Amazonは応じなかった。

 2019年8月、メディア企業Vice Mediaは、Microsoftの音声データに関わるニュースを報じた。それによると、コミュニケーションツール「Skype」の翻訳機能を介した会話データや、音声アシスタント「Cortana」に対する音声コマンドのデータを、Microsoftの請負業者が聞いているという。

 Microsoftは、Cortanaや企業向けSkypeである「Skype for Business」、コラボレーションツール「Microsoft Teams」の企業利用において、記録した音声データを従業員が確認しているかどうかは明かしていない。「われわれは音声データの収集と使用について、透明性の確保に努めている」と同社は述べる。

 「検索や音声によるコマンド入力、音声翻訳など音声を利用するサービスの改善のため、音声データを収集する前に、許諾を求めている」というのがMicrosoftの主張だ。同社はその情報を「個人を特定する要素を取り除いた上で、外部のベンダーと共有する場合もある」と説明する半面、「それらのベンダーには機密保持契約を要求している」という。

プライバシー規約で明言した内容

 「Amazonの数千人の従業員と請負業者から成るグローバルチームが、音声をテキストに変換する技術の改良を目的に、Alexaが記録する音声データの一部を聞いている」と通信社Bloombergが報じたのは、2019年4月のことだった。AmazonはAlexaのユーザーにこの事実を明示していなかった。

 Bloombergによれば、Amazonは2019年8月初め、Alexaのプライバシー設定画面に新しい文言を追加し、「人が一部の音声記録を確認している」ことを明示した。Alexaのユーザーは、自分の音声データをサービス改善に利用することをAmazonに許可するかどうか選択できる。

 最新版のプライバシーに関する説明文の中で、Amazonは次のように述べている。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

「スマホ決済」が増加傾向――マイボイスコムがスマートフォンの利用動向調査
生活者1万人にスマートフォンの利用状況を聞いています。

news068.jpg

SaaS化が加速するコンタクトセンター/コンタクトセンターの現在―矢野経済研究所調べ
国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場について...

news045.jpg

ラグビーワールドカップ2019日本大会、日本代表戦5試合の視聴人数は8700万超え――ビデオリサーチ調査
ビデオリサーチが「テレビ視聴率調査」から全国の視聴人数を推計しました。