2019年07月12日 05時00分 公開
特集/連載

「音声アシスタント」に盗聴や“声まね詐欺”のリスク 気を付けるべき脅威と対策不正操作、盗み聞き、音声模倣

音声アシスタントは便利な半面、セキュリティリスクも潜んでいる。導入する際に注意すべきことと、対策を紹介する。

[Jon Arnold,TechTarget]
画像

 音声アシスタントは比較的新しい技術であり、そのセキュリティへの影響はあまり認識されていない。音声アシスタントは大きな可能性を秘め、エンドユーザーに新たな体験をもたらし得る。ただし意図しない結果をもたらす恐れもある。

 音声アシスタントは、会話インタフェースに大きな変化をもたらす。音声アシスタントに音声認識を導入することで、タスクを自動化し、生産性を向上させることが可能になる。

 音声認識の精度が、音声アシスタントのセキュリティリスクに関連する。音声認識が不正確だと、誤ったメッセージを送信したり、誤った人物にメッセージやドキュメント、ファイルなどの機密情報を送信したりする場合がある。

盗聴や声紋模倣の可能性も

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...