2019年07月12日 05時00分 公開
特集/連載

不正操作、盗み聞き、音声模倣「音声アシスタント」に盗聴や“声まね詐欺”のリスク 気を付けるべき脅威と対策

音声アシスタントは便利な半面、セキュリティリスクも潜んでいる。導入する際に注意すべきことと、対策を紹介する。

[Jon Arnold,TechTarget]
画像

 音声アシスタントは比較的新しい技術であり、そのセキュリティへの影響はあまり認識されていない。音声アシスタントは大きな可能性を秘め、エンドユーザーに新たな体験をもたらし得る。ただし意図しない結果をもたらす恐れもある。

 音声アシスタントは、会話インタフェースに大きな変化をもたらす。音声アシスタントに音声認識を導入することで、タスクを自動化し、生産性を向上させることが可能になる。

 音声認識の精度が、音声アシスタントのセキュリティリスクに関連する。音声認識が不正確だと、誤ったメッセージを送信したり、誤った人物にメッセージやドキュメント、ファイルなどの機密情報を送信したりする場合がある。

盗聴や声紋模倣の可能性も

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...