2023年04月26日 07時15分 公開
特集/連載

「VPN」をひそかに使うアラブの人々 その“切実な理由”とはアラブ諸国で普及するVPN【前編】

世界各国のVPN普及率を見ると、アラブ諸国の高さが際立つ。その背景にはアラブ諸国の人が抱える、ある「切実な理由」があった。

[Karl FlindersTechTarget]

関連キーワード

ネットワーク | 仮想化 | VPN


 アラブ諸国の人は、「VPN」(仮想プライベートネットワーク)を盛んに使用している。VPNベンダーAtlas VPNが実施した調査によると、人口比で見たVPN普及率が高い上位5カ国のうち、4カ国をアラブ諸国が占める状況が明らかになった。その背景には、同地域の人が抱える、ある切実な理由があった。

「VPN」がこれだけ使われる“切実な理由”

 Atlas VPNは、2020〜2022年における85カ国のVPN使用データを基に調査を実施。国ごとのVPNダウンロード件数を人口で割ることで、VPNダウンロード率を計算した。

 調査結果によると、アラブ首長国連邦(UAE)は人口比で世界最高のVPNダウンロード率になった。同国の2022年のVPN総ダウンロード数は427万件で、これは総人口の約43%に相当する。

 他のアラブ諸国もVPNダウンロード率で上位にランクインした。2022年、カタールは人口比約39%に相当する約113万件、サウジアラビアは人口比約27%に相当する約942万件、オマーンは人口比約27%に相当する約136万件のVPNダウンロードを記録した。

 アラブ諸国の人がVPNを使用する目的の一つが、法律で課されるインターネット利用関連の制約を回避することだ。アラブ諸国では、市民や居住者の公民権は大幅に制限される。行政権や立法権、司法権の大部分を行使するのは一部の世襲制統治者だ。

 例えばUAEや一部のアラブ諸国では、イスラム教の道徳規範に反するとされるギャンブルサイトやアダルトサイトへのアクセスの他、以下のようなコミュニケーションツールの使用が禁止されている。

  • WhatsApp
  • Facebook Messenger
  • Skype
  • FaceTime

 アラブ諸国の人はVPNを用いて、制約対象となるコンテンツにアクセスし、表現の自由を獲得している。


 後編は、アラブ諸国の人がVPNを使用するもう一つの理由を解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...