TechTargetジャパン

技術文書
「Lotus Sametime+電話」が変える次世代コラボレーション
 本ホワイトペーパーでは、これまで投資してきた既存の電話インフラおよびそのほかのIT環境を、「置き換え」ではなくそのまま生かす形で実現するIBMの統合方法について、技術的視点から解説する。 これを実現する「Lotus Sametime Unified Telephony」(2009年後半に出...(2009/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Linux搭載のデジタル家電などの起動時間を大幅短縮する技術
 デジタル家電の高機能化に伴って、起動の長時間化が問題になっている。中には電源をオンしてから起動に1分間近くかかる製品もある。日本ビクターが2008年2月に発売した液晶テレビ「LT-32LC305」は、従来10秒かかっていた電源オンからデジタル放送出画までの起動時間を3...(2008/8/28 提供:トライピークス株式会社)

謚?陦捺枚譖ク
縲仙渕遉弱°繧牙ュヲ縺カRFIC縲代ヱ繝ッ繝シ繧「繝ウ繝?/繝輔Ο繝ウ繝医お繝ウ繝峨Δ繧ク繝・繝シ繝ォ險域クャ縺ョ蝓コ譛ャ ?シ郁恭隱櫁ウ?譁呻シ?
繝代Ρ繝シ繧「繝ウ繝?/繝輔Ο繝ウ繝医お繝ウ繝峨Δ繧ク繝・繝シ繝ォ險域クャ縺ョ蝓コ譛ャ ?シ域悽雉?譁吶?ッ闍ア隱槭→縺ェ繧翫∪縺呻シ嘘F PA縺ョ諤ァ閭ス縺ョ迚ケ諤ァ隧穂セ。繧定。後≧縺ォ縺ゅ◆繧翫?∵ァ倥??縺ェ險域クャ/繝?繧ケ繝医ユ繧ッ繝九ャ繧ッ繧剃スソ逕ィ...(2017/8/2 提供:譌・譛ャ繝翫す繝ァ繝翫Ν繧、繝ウ繧ケ繝?繝ォ繝。繝ウ繝?譬ェ蠑丈シ夂、セ)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年3月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年3月号をご紹介。 特集記事では、USB...(2016/7/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
IoT時代の鍵を握る、第5世代移動通信(5G)の動向
 モビリティーやIoT(モノのインターネット)はネットワークの容量と帯域幅の消費量を急激なペースで増大させ、現在では10 Gビット/秒を超える通信速度、LTEの約1000倍にもおよぶ通信容量を目指した5Gの研究が進められている。 本資料では、5Gの基礎や実用化へ向けた技術...(2015/7/1 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

講演資料
意外と投資されていないコミュニケーション環境への提言 ここまでできるコスト削減
 本ホワイトペーパーは、2009年3月4〜6日に開催された「Lotus Spring Forum 2009」において、日本アイ・ビー・エムが行った講演「Unified Communicationによるコスト削減の推進」で使われた資料に加筆・修正を行ったものである。 現状のコミュニケーション環境を振り返...(2009/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
モバイルアプリの開発とテストはWebアプリと何が違う?
 インスタントメッセンジャー(IM)のWebアプリケーションとして有名な「imo」は、モバイル向けにどのように開発され、テストされてきたのか。imoがPC向けのWebアプリからスマートフォン/タブレット向けのモバイルアプリへと移行するに当たり、開発チームが克服してきた...(2013/6/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
基礎から学ぶ USB Type-C 入門
 USB Type-C(USB-C)について聞いたことがあるだろうか。もし聞いたことがないならば、ぜひ覚えておいてほしい、その小さな優れものが世界を席巻するだろうから。 USBに関する仕様を策定する団体USB Implementers Forum(USB-IF)が2015年CESにおいてUSB Type-Cを展示...(2015/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
技術者への「次世代ファイアウォール」入門
 企業ネットワークに押し寄せる新しいセキュリティ脅威の標的は、「ファイアウォール対応」アプリケーションやアプリケーション層の脆弱性に及び、従来のファイアウォールでは企業ネットワークを十分に保護できなくなっている。単一機能のアプライアンスの組み合わせは...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
Linux環境における「SAP HANA」のHA構成、セットアップガイド
 メモリ大容量化、マルチコア化、分散並列処理技術、高度圧縮技術、カラム型技術などハードウェア/ソフトウェア双方の進化に伴ってSAP HANAは実用化され、多くの企業が導入するようになった。もともとはビッグデータなど大規模データの演算処理時間を大幅に短縮するソリ...(2015/2/13 提供:ノベル株式会社)

レポート
この一冊でセキュリティ最新動向が分かる  セキュリティ脅威レポート2017年版
 シマンテックが毎年発行している『インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)』の最新版(2017年4月発行)が発行された。世界最大級の民間脅威情報収集ネットワークが157を超える国や地域の脅威活動を監視し、取得した9兆件を超えるセキュリティデータを徹底分析...(2017/8/2 提供:株式会社シマンテック)

レポート
2017年7月版セキュリティレポート、標的型サイバー攻撃の最新トレンドと対策
 近年、標的型サイバー攻撃では、標的のPCにインストール済みのツールを悪用するケースが目立つ。このような「ツールの現地調達」が大きなトレンドとなっている背景には、攻撃者が脆弱性を見つけるためのコストが上がっていることがある。 そして、もう1つのトレンドと...(2017/10/2 提供:株式会社シマンテック)

レポート
米大統領選挙の裏で実行された攻撃 サイバー犯罪の標的はIoT、モバイルへ
 本コンテンツは、シマンテックが毎年発行している『インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)』の最新版(2017年4月発行)である。157を超える国や地域で脅威活動を監視し、取得した9兆件を超えるセキュリティデータを徹底分析し、アナリストが以下のような調査...(2017/6/19 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
XenDesktopを連携するシスコの仮想ワークスペース基盤導入マニュアル
 デスクトップ仮想化の効果的な導入手法はさまざまあるが、根本的にはさまざまなエンドポイントからのアクセスを可能にする必要がある。それにはエンドユーザーのコンピューティング環境をデータセンター内に設置することが効果的だ。また、真の仮想ワークスペースを実現...(2012/11/5 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

謚?陦捺枚譖ク
蟆丈クュ鬮俶?。縺ョ繝阪ャ繝医Ρ繝シ繧ッ蛻ゥ逕ィ迥カ豕√??螟夜Κ繝励Ο繧ュ繧キ蛻ゥ逕ィ縺ッ莨∵・ュ縺ョ2蛟搾シ?
縲?迴セ蝨ィ縺ョ謨吝ョ、縺ッ驕主悉縺ィ縺ッ蜈ィ縺冗焚縺ェ繧九b縺ョ縺ォ縺ェ縺」縺溘?ゅヮ繝シ繝?PC繧?繧ソ繝悶Ξ繝?繝医r逕ィ縺?縺ヲ謗域・ュ繧貞女縺代※縺?繧狗函蠕偵b蟆代↑縺上↑縺?縲ゅ∪縺溽函蠕定?ェ霄ォ繧ょ括逧?縺ォ螟牙喧縺励※縺?繧九?ゅう繝ウ繧ソ繝シ繝...(2014/4/22 提供:繝代Ο繧「繝ォ繝医ロ繝?繝医Ρ繝シ繧ッ繧ケ蜷亥酔莨夂、セ)

レポート
モバイルワークでチームを成功に導く6つのルール
 スマートフォンやタブレットで多くの人が気軽に仕事ができる時代。その「どこでもオフィス」を手助けするサービスへの関心が高まりつつある。例えば、外出が多い営業担当がアクセスする営業支援システムや、工事現場などオフィスの外にある作業場での業務を管理するシス...(2014/12/15 提供:株式会社LifeBox)

製品資料
ハイパーコンバージド完全ガイド――高まるITインフラへの要求と新たな選択肢
 IT部門にとってインフラは手間を割くべき対象ではなく、業務アプリケーションやサービス提供により多くの時間と予算を使うことが求められている。しかし、だからこそインフラへ求められる水準は高まる一方であり、手間はかけられないが解決すべき課題も多いという苦しい...(2017/10/31 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
残念すぎる弱点がついに解消、ユーザーの不満を招かない「Skype仮想化」
 Microsoft Office 365の機能としても提供される統合コミュニケーションツール「Skype for Business」(以下、Skype)。音声/ビデオ通話、メッセージング、オンライン会議などの機能をSkypeに移行することは、ハードウェアコストと管理負荷の大幅な削減につながる。 こ...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

Webキャスト
緊急要件を自動で優先順位付け──メールの利用スタイルが変わる
 電子メールは「受信箱」のクリックから始まる──その概念を覆すツールが登場した。電子メールやスケジュール機能に加え、これまで別々のツールを使っていたファイル共有やインスタントメッセージ(IM)などのコラボレーション機能を、1つの環境に統合した新しいメール...(2015/2/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「ハイパーコンバージド」徹底解説――導入前に知っておきたい重要技術
 優れた仮想化基盤として、拡張性の高いITインフラとして注目されている「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)。オンプレミスで、パブリッククラウドサービスと同等のスピードや運用効率を実現する手法として導入を検討する企業が増えているが、その特徴はまだ十分に...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
6ステップで導入、コントローラー内蔵アクセスポイントで無線LANはどう変わる?
 無線LANは、導入規模によって機器の選び方やセットアップの手順が異なることから、これまでは導入に際して、スキルや工数、予算など、多くのものを必要としてきた。しかし、仮想コントローラー内蔵型のアクセスポイント(AP)の入手性が向上したことで、そのハードルは...(2017/2/15 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

製品資料
リアルタイムなコミュニケーションが鍵、コラボレーションツール活用法
 今日のビジネスにおいてより大きな成果を出すためには、従来のやり方だけでは達成できない。求められているのは、ソーシャルツールなどを含めた柔軟なコミュニケーションの実現である。コミュニケーションの変革により、「顧客に近づくプロセスの改善」「部門や拠点をま...(2015/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは?
 近年、多層型の防御戦略の一角を担い始めた「次世代ファイアウォール」(NGFW)。管理が容易であり、ストリーム単位でのスキャンにも対応するなど、多くのメリットを持つため、NGFWがセキュアWebゲートウェイやWebプロキシの代わりになると主張するベンダーも見られる。(2017/10/10 提供:株式会社シマンテック)

事例
未来の人材マッチング技術が現実に――AIを活用した就職・求人支援システム
 少子高齢化と人口減少が、理工系大学、製造業、技術者を取り巻く環境に大きな影響を与えている。製造業への理工系学生の入職者の減少、70歳を迎えた団塊世代の本格的な退職、技術者における非正規雇用の増加など、厳しい状況が続く中で期待されているのが、AIを活用した...(2017/10/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Nutanixの新たな選択肢、Cisco UCSで構築するハイパーコンバージドインフラ
 ストレージ、ネットワーク、サーバを個別に用意するレガシーなインフラは、サイロ化による非効率が生じやすく、拡張するためにはシステム全体をリプレースする必要があるなど、管理に手間が掛かることが問題となる。 こうした課題に対処する方法として、サーバ、ストレ...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
「Google ハングアウト」はどこにいく? Googleの新サービスの実力とは
 2016年5月に開催されたGoogleのデベロッパー向けカンファレンス「Google I/O 2016」で、Googleは「Google ハングアウト」に関して新戦略を打ち出した。Google ハングアウトから、コンシューマー機能を切り離し、メッセージングアプリケーション「Allo」とビデオチャット...(2017/4/21 提供:KDDI株式会社)

製品資料
数字で見る、Skype for Businessによるワークスタイル変革の効果とは?
 コスト削減や従業員の生産性向上を目的に、音声やテレビ、Web会議、インスタントメッセージ、構内交換機(PBX)の代替などの機能を提供する統合コミュニケーション基盤(UC&C:ユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーション)を活用する企業が増えている。 中...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

製品資料
電子メール3つの課題 なりすまし、情報漏えい、運用コスト増大の解決方法
 企業の電子メール運用には大きく3つの課題がある。1つはなりすましやスパムなどの迷惑メールの増加だ。その結果、迷惑メール削除などの対処や、ネットワーク負荷の増大など、業務効率の悪化、ひいては労働時間損失による経済的損失を引き起こしている。2つ目は、宛先間...(2013/12/10 提供:株式会社日立ソリューションズ)

Loading