アリババクラウドが作った“謎のノートPC”「無影クラウドブック」とは?Alibaba Cloudが提供するノートPCとは【前編】

クラウドベンダーのAlibaba Cloudが発表した「Wuying Cloudbook」(無影クラウドブック)は、クラウドサービスではなく物理的なノートPCだ。なぜAlibaba CloudがノートPCを作ったのか。Wuying Cloudbookの特徴とは。

2022年12月13日 10時00分 公開
[Aaron TanTechTarget]

 中国を拠点とするクラウドベンダーのAlibaba Cloud(アリババクラウド)は、2022年11月に「Wuying Cloudbook」(無影クラウドブック)を発表した。14型のタッチディスプレイを搭載した、厚さ13.9ミリのノートPCだ。

“謎”のノートPC「無影クラウドブック」はなぜ生まれ、何に役立つのか

 Wuying Cloudbookはクラウドサービスの活用により、テレワーク中のエンドユーザーが、外出先で計算負荷の高いアプリケーションを実行しやすくする。Alibaba CloudのDaaS(Desktop as a Service)製品/サービス群「Wuying」(無影)の一製品という位置付けだ。エンドユーザーはWuying Cloudbookを通して、仮想デスクトップやストレージをクラウドサービスとして利用する。

 Alibaba Cloudは「Wuying Cloudbookがリアルタイムのデータ処理を実現する」と述べる。Wuying Cloudbookはクラウドサービスを利用することで、動画のレンダリングなどの大容量データ処理を実行する際の、処理速度の低下を防ぐという。

 Wuying Cloudbookは、必要最小限のリソースのみを搭載し、基本的には内部にデータを保持しないシンクライアントデバイスだ。ローカルに保存したデータの損失リスクを抑えられる。仮想デスクトップを使うことで、Microsoftの「Windows」やGoogleの「Android」など、複数のOSを同一デバイスで同時に利用することが可能だ。

 「Wuying Cloudbookは、働く場所を拡張する」。Alibaba Cloudのシニアリサーチャー兼インフラ製品担当ゼネラルマネジャーであるジャンウェイ・ジャン氏は、こう話す。同社は2022年3月、Wuyingの一製品として、手のひらサイズのデスクトップPC「Wuying Cloud Computer」(無影クラウド・コンピュータ)をシンガポールで発売済みだ。Wuying Cloudbookは、Wuying Cloud Computer」と同様のメリットを外出先でも享受しやすくする。


 後編はWuying Cloudbookの用途を、電気自動車(EV)会社IM Motorsの先行導入事例を基に説明する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...