TechTargetジャパン

技術文書
モバイル端末で「機密文書」を管理? 不可能を可能にする技術とは
 仕事の生産性を上げるためにスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの活用は必須だ。しかし、そこで心配になるのが業務上の機密文書の取り扱い。モバイルでそのような重要文書を閲覧できた方が便利なのは間違いないが、持ち歩くことが基本のデバイスのため...(2014/4/17 提供:アドビ システムズ 株式会社)

製品資料
モバイル・アプリ固有のセキュリティ要件、課題と対策法
 スマートフォンやタブレットの普及により、企業のモバイル・デバイス活用が進んでいる。ユーザーの多くは、デバイス内のブラウザではなく、モバイル・アプリケーションで情報にアクセスし、他のユーザーとコラボレーションやオンライン・トランザクションを行っている状...(2014/4/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
エン・ジャパンのタブレット×Micorosoft Office 365によるワークスタイル変革を支えるクラウドセキュリティ
 求人情報サイト[en]運営などネットでの人材採用サービスを手がけるエン・ジャパン。同社では、2012年に営業社員全員にタブレットを配布し、メールや日報提出を社外から行うなど営業業務の効率化を図った。あわせて構築・運用コストと負荷削減のため、メール環境をオンプ...(2014/4/1 提供:株式会社HDE)

技術文書
「オレオレSSLサーバ証明書」では防げない、中間者攻撃の仕組みと対策
 中間者攻撃(Man-in-the-Middle Attack:MITM Attack)によって、WebブラウザとWebサーバ間のHTTPセッションをハイジャックされてしまう危険性があることは広く認識されてきた。これと同様に、サーバ間通信でもセッションをハイジャックされ情報の盗聴や改ざんをする中...(2014/4/1 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
知らないと大きな差が出る、 SSLとドメイン名の密接な関係
 アンケートや問い合わせフォームなど、インターネット上で個人情報を扱う時はSSLによる暗号化が必要不可欠だ。  暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できる、共有SSLというサービスがある。 しかし、ネットショ...(2014/4/1 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
次世代の情報共有「クラウド型オンラインストレージサービス」でビジネス変革
 企業内のファイル管理やデータ共有はIT部門の抱える課題の1つだ。ファイルサーバの利用は管理・運用負荷とコスト負担が大きく、DropboxやSugarSyncなど無料の個人向けサービスでは、データの管理方法やサポート体制が不明瞭で情報漏えいのリスクを抱える。 このファイ...(2014/2/26 提供:株式会社アイネット)

講演資料
クラウド活用のファイル共有/転送サービスは“業務”で選んで効率アップを狙え
 企業における電子データの取り扱い量は年々増え続けている。従来のUSBメモリや磁気・光学媒体を用いた受け渡しや、メール添付による送受信、無料のファイル送信サービスでは、容量やセキュリティ面での課題が発生する。課題解決のため、クラウドを利用したファイル共有...(2014/2/21 提供:NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)

製品資料
システム管理者が押さえておくべき標的型攻撃対策、3つのポイント
 ここ数年の情報漏えい事件の傾向は、大企業や政府機関も被害を受けた「標的型攻撃による機密情報窃取の被害拡大」、USBメモリなどの可搬媒体がウイルス感染経路の約50%を占める「クローズドなネットワークでもウイルス感染」、元従業員のデータの不正持ち出しなど「内...(2014/2/14 提供:アルプス システム インテグレーション株式会社)

事例
LTE内蔵タブレットPCで訪問看護業務効率化と紛失・盗難対策強化を実現
 財団法人名古屋市療養サービス事業団は、訪問看護業務のIT化を推進し、2012年より看護師のスケジュール管理や診療報酬の計算などバックオフィス業務を電子化、看護師にノートブックPCを配布した。だが運用してみると、ケアサービスの道具を持参する訪問看護の現場にPC持...(2014/1/31 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
Office 365導入済み・検討中の企業必見! Office 365のメールセキュリティ、6つの落とし穴に注意
 クラウド型メールへの移行が進んでいる。ビジネスソリューションに強いマイクロソフトのOffice 365導入を検討あるいは決定した企業も多いだろう。だが、標準機能だけでセキュリティ対策は万全だろうか? メール送信時の上司承認や送信拒否などの一部の誤送信防止機能は...(2014/1/27 提供:株式会社トランスウエア)

製品資料
高品質なビデオ会議でコスト削減、業務効率化を図りワークスタイルを変革
 在宅勤務やリモートオフィスの導入などワークスタイルが変化する中、ビデオ会議ソリューションも注目を集めている。従来の対面コミュニケーションに取って代わるには、高精細画質と高品質の音声が望ましい。また、スマートデバイスやタブレットなど多様な環境への対応も...(2014/1/24 提供:IIJグローバルソリューションズ)

技術文書
米国監視プログラム「PRISM」に挑むTwitter、「HTTPS を標準実装すべき」
 米国諜報機関による通信監視プログラム「PRISM」。その存在が明らかになって以来、テクノロジー企業やオンラインサービス事業者が相次いでユーザー情報の保護に乗り出している。その1社が米Twitterだ。 Twitterは、ユーザー情報の保護強化を目的として暗号化技術「Perf...(2014/1/20 提供:日本ベリサイン株式会社)

講演資料
働き方の変革をセキュリティを高めながらスマートデバイスで実現
 スマートデバイスの業務利用が増え、働き方にも変化が起きている。社内外から業務データにアクセスできれば、隙間時間を上手に活用できるが、障壁となるのがセキュリティの問題だ。 本資料では、スマートデバイス上に“セキュア・コンテナ”と呼ばれる領域を設定し、業...(2014/1/15 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

技術文書
メール誤送信による情報漏えいは自動暗号化で防げ
 電子メールの普及に伴い、重要な情報も電子メールで配信されることが一般的になってきた。その一方で、誤送信による情報漏えいが社会問題となっている。対策には、添付ファイルの暗号化が一般的だが、手作業による暗号化は、作業が煩雑で非効率、電子メール監査の不整合...(2013/12/16 提供:株式会社アズジェント)

製品資料
うっかりミスを自動で防ぐ誤送信対策を低コストで実現する方法
 「うっかり他人にメールを送ってしまった……」「添付ファイルを間違えてメールを送信してしまった……」。企業にとって欠かすことのできないメールによる業務では、うっかりミスが招く情報漏えいが後を絶たない。メール誤送信対策はIT部門にとって大きな課題だ。 誤送...(2013/10/15 提供:株式会社アズジェント)

技術文書
【最新技術解説】短い鍵長でも同等以上の安全性:次世代暗号「楕円曲線暗号」とは?
 現在、SSLサーバ証明書はRSA暗号化方式に支えられている。 RSA方式は依然として安全とされるものの、安全性を維持し続けるためにはさらに長い鍵長に移行していかなければならない。また、鍵長の長大化は安全性を保つ一方で、コンピュータが計算処理に要するリソースを...(2013/7/1 提供:日本ベリサイン株式会社)

技術文書
システム部門なら知っておきたい「SSL暗号アルゴリズムの移行」って何だろう?
SSL/TLSは情報を暗号化するための通信方法としてインターネット上で最も利用される方法の一つだが、コンピュータの性能向上および暗号解読技術の進歩により徐々に安全性の低下が避けられない。将来的な安全性低下に対処する目的でSSL/TLSの仕様変更が行われていくが、公開...(2013/7/1 提供:日本ベリサイン株式会社)

製品資料
従来型ファイアウォールでは脅威を防ぎきれない? 標的型サイバー攻撃を防御する次世代ファイアウォールとは
 ファイアウォールさえ設置しておけば不正侵入を防止できるという考え方は、現在では通用しなくなりつつある。たとえば、従来型ファイアウォールでWebブラウジングを許可すると、TwitterやWinny、Skypeなど、ほとんどのアプリケーションが素通りになってしまうからだ。そ...(2013/5/17 提供:株式会社日立ソリューションズ)

技術文書
知っていますか? 共有SSLと独自ドメイン名SSLの賢い使い分けかた
アンケートや問い合わせフォームなど、個人情報を取り扱うウェブサイトではSSLによる暗号化が欠かせない。暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できるのが「共有SSL」という手軽なサービスだ。しかし、ネットショッピ...(2013/5/15 提供:日本ベリサイン株式会社)

製品資料
「3つの暗号化」でデータベース内の機密情報を保護
 毎日のように世間を騒がせている情報漏えい事件。特に、内部不正行為や不正アクセスによる情報漏えいがひとたび起こると、その被害は大規模化する傾向にある。企業が特に守るべき「個人情報」「クレジットカード情報」「知的財産」を簡単に効率よく、多くの脅威から守る...(2013/5/1 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
短い鍵長でも同等以上の安全性! 次代の暗号「楕円曲線暗号」とは?
 現在、SSLサーバ証明書はRSA暗号化方式に支えられている。 RSA方式は依然として安全とされるものの、安全性を維持し続けるためにはさらに長い鍵長に移行していかなければならない。また、鍵長の長大化は安全性を保つ一方で、コンピュータが計算処理に要するリソースを...(2013/4/17 提供:日本ベリサイン株式会社)

Webキャスト
サイト運営の要は先手のセキュリティ 〜 複雑化する脅威への防御策
 ウェブサイトにおいてはSSL/TLSによる通信経路の暗号化が必須とされているだけでなく、攻撃に対する備えと対策が必要とされる。 備えという観点では、要件定義・設計・実装・テスト・運用といったウェブサービスを稼動させるための各工程でセキュリティに留意しなけれ...(2013/3/6 提供:日本ベリサイン株式会社)

事例
「Google Apps×スマートデバイス」大手企業のセキュリティ事例10選
 本資料では、「BYOD(Bring Your Own Device)実現にあたりセキュリティレベルを落としたくなかった」「多店舗間でクラウドとスマートデバイスを活用したセキュアな情報共有を実現したかった」「PCのみならずスマートデバイスでも誤送信対策を行いたかった」「Pマーク・...(2013/2/27 提供:ゼネラル・ビジネス・サービス株式会社)

技術文書
4096ビットSSL暗号によるネットワークの負荷増大、その解決策とは
 Webセキュリティの肝ともいえるSSL暗号化。新手のセキュリティ脅威が次々と登場する中、その対抗手段としてのSSL暗号化も、強度を大幅に高めた方式が実用化されつつある。鍵長についても、近年ではかつて主流であった1024ビットから2048ビットへの移行に加え、より安全...(2013/2/18 提供:A10ネットワークス株式会社)

事例
事例を交えて解説する「潜在的なセキュリティ脅威」を可視化する方法
 企業や政府機関などの組織の機密情報を狙う標的型サイバー攻撃の猛威が深刻化する中、被害の発覚から原因究明までに多大な時間を要するケースも増えている。攻撃の発生から被害事実の確認に時間がかかれば、組織の損害はより大きなものになりかねない。 これまでのセキ...(2013/2/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
システム担当者向け「暗号の2048bit鍵長」対応ガイド
「暗号アルゴリズムの2010年問題」というキーワードをご存知だろうか?インターネットで広く利用される暗号方式のひとつSSLにおける公開鍵長の仕様変更に関する話題を表している。SSL/TLSは情報を暗号化するための通信方法としてインターネット上で最も利用される方法の一...(2013/1/28 提供:日本ベリサイン株式会社)

技術文書
SSL暗号の技術解説! 鍵交換のメカニズムが確立する安全な通信
 SSLはインターネット通信の安全を確保する方法として広く普及している技術だ。ログイン情報やクレジットカードなどの重要な情報を入力するウェブサービスには必ずと言って良いほど採用されている。 施錠された錠前アイコンとHTTPSで始まるURLの表示によってSSL暗号化さ...(2013/1/28 提供:日本ベリサイン株式会社)

技術文書
クラウドのデータはどうやって守るべきか?そして暗号化と鍵管理による究極のセキュリティ対策とは?
 導入が進むITインフラの仮想化とクラウドサービスの利用においては、従来とは異なるセキュリティ認識が必要となる。仮想環境・クラウド環境におかれた重要なデータを組織はどのようにして保護すれば良いか、その究極の手段が暗号化だ。しかし、単にデータを暗号化しただ...(2013/1/18 提供:日本セーフネット株式会社)

事例
妥協しないノートPCの選び方:BCPの大命題、スペックとセキュリティの両立方法
 従業員が利用するPCは、スペックやコスト、セキュリティなど、さまざま角度での検討が必要だ。また、時間や場所を選ばない働き方の多様化や、東日本大震災以降の事業継続計画(BCP)の観点から、企業導入するPCには相応のセキュリティとマシンスペックが求められている...(2013/1/17 提供:ソニーマーケティング株式会社)

技術文書
今のWebサーバ、4096ビットSSLに対応できますか?
 Webセキュリティの肝ともいえるSSL暗号化。新手のセキュリティ脅威が次々と登場する中、その対抗手段としてのSSL暗号化も、強度を大幅に高めた方式が実用化されつつある。鍵長についても、近年ではかつて主流であった1024ビットから2048ビットへの移行に加え、より安全...(2012/12/18 提供:A10ネットワークス株式会社)

Loading