2010年11月10日 17時45分 公開
ニュース

富士通BSC、スマートフォンに対応した暗号化ソリューションNEWS

複数端末間で安全なデータの持ち運びができる暗号化ファイル「FENCEブリーフケース」の機能を強化。12月1日より対応製品の提供を開始する。

[TechTargetジャパン]

 富士通ビー・エス・シーは11月8日、提供するHDD&USB暗号化製品「FENCE-Pro」および電子メール誤送信防止製品「FENCE-Mail For Gateway」の機能強化を発表した。具体的には、両製品に搭載する「FENCEブリーフケース」の対応端末およびデータ複製防止機能が追加された。提供開始は12月1日。

 FENCEブリーフケースは、同社が無償提供している専用ツール「FENCE-Explorer」がインストールされた端末であれば、AES(Advanced Encryption Standard)形式で暗号化されたフォルダ内で、復号せずに直接フォルダ内のデータを編集・閲覧できる保護形式だ。USBメモリや電子メールでフォルダごとデータを持ち運ぶことで、セキュアなデータ持ち出しが可能となる。

alt FENCEブリーフケースの運用イメージ《クリックで拡大》

 今回のバージョンアップでは、Android携帯やWindows Mobile端末に対応したほか、フォルダ内データの持ち出しを抑止する条件が複数選択できるようになった。画面キャプチャーやクリップボード上へのコピー操作を社内ポリシーに応じて規制できる。

 同社ではノートPCやスマートフォンが普及する中、FENCEブリーフケースを用いることで、異なるプラットフォーム間でも一貫した操作性で安全にデータを扱えるとしている。今後は、iPhoneやiPadなどiOS端末にも対応していく予定だ。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...