2010年11月10日 17時45分 公開
ニュース

富士通BSC、スマートフォンに対応した暗号化ソリューションNEWS

複数端末間で安全なデータの持ち運びができる暗号化ファイル「FENCEブリーフケース」の機能を強化。12月1日より対応製品の提供を開始する。

[TechTargetジャパン]

 富士通ビー・エス・シーは11月8日、提供するHDD&USB暗号化製品「FENCE-Pro」および電子メール誤送信防止製品「FENCE-Mail For Gateway」の機能強化を発表した。具体的には、両製品に搭載する「FENCEブリーフケース」の対応端末およびデータ複製防止機能が追加された。提供開始は12月1日。

 FENCEブリーフケースは、同社が無償提供している専用ツール「FENCE-Explorer」がインストールされた端末であれば、AES(Advanced Encryption Standard)形式で暗号化されたフォルダ内で、復号せずに直接フォルダ内のデータを編集・閲覧できる保護形式だ。USBメモリや電子メールでフォルダごとデータを持ち運ぶことで、セキュアなデータ持ち出しが可能となる。

alt FENCEブリーフケースの運用イメージ《クリックで拡大》

 今回のバージョンアップでは、Android携帯やWindows Mobile端末に対応したほか、フォルダ内データの持ち出しを抑止する条件が複数選択できるようになった。画面キャプチャーやクリップボード上へのコピー操作を社内ポリシーに応じて規制できる。

 同社ではノートPCやスマートフォンが普及する中、FENCEブリーフケースを用いることで、異なるプラットフォーム間でも一貫した操作性で安全にデータを扱えるとしている。今後は、iPhoneやiPadなどiOS端末にも対応していく予定だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...