2015年06月19日 12時00分 公開
特集/連載

遅れてもやらないよりはまし、ホワイトハウスとAppleがHTTPS暗号化に本腰GoogleやTwitter、Facebookは既に対応

セキュリティ脅威に備え、ホワイトハウスは全てのWebサイト/WebサービスをHTTPS経由でのみ提供すると発表した。Twitter、FacebookなどHTTPSアクセスに対応する企業も増えている。

[Sharon SheaTechTarget]

関連キーワード

Apple | 暗号化 | iOS


ホワイトハウスの通達の画面《クリックで拡大》

 米ホワイトハウスは2015年6月8日、2016年12月31日までに「公にアクセス可能な連邦政府の全てのWebサイトおよびWebサービスは、セキュアな接続のみを介してサービスを提供する」とした通達を発表した。

 米国政府のCIOであるトニー・スコット氏による覚書は、HTTPSを「公的なWeb接続に対する現在利用可能な最も強力なプライバシーと完全性保護」と位置付ける。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...