2015年06月19日 12時00分 公開
特集/連載

遅れてもやらないよりはまし、ホワイトハウスとAppleがHTTPS暗号化に本腰GoogleやTwitter、Facebookは既に対応

セキュリティ脅威に備え、ホワイトハウスは全てのWebサイト/WebサービスをHTTPS経由でのみ提供すると発表した。Twitter、FacebookなどHTTPSアクセスに対応する企業も増えている。

[Sharon Shea,TechTarget]

関連キーワード

Apple | 暗号化 | iOS


ホワイトハウスの通達の画面《クリックで拡大》

 米ホワイトハウスは2015年6月8日、2016年12月31日までに「公にアクセス可能な連邦政府の全てのWebサイトおよびWebサービスは、セキュアな接続のみを介してサービスを提供する」とした通達を発表した。

 米国政府のCIOであるトニー・スコット氏による覚書は、HTTPSを「公的なWeb接続に対する現在利用可能な最も強力なプライバシーと完全性保護」と位置付ける。

ITmedia マーケティング新着記事

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...

news175.jpg

ネトフリ「広告付きプラン」は誰得? 業界関係者の反応は……
広告モデルへの一部移行がうわさされるNetflix。新たなプランが増えることで視聴者と広告...

news034.jpg

変革ビジョンはなぜ形骸化してしまうのか?――調査が明かした経営層と現場の社員のギャップ
掛け声ばかり勇ましくて実際の取組みは遅々として進まない――。DXに関して同じ悩みを抱...