2015年03月16日 08時00分 公開
特集/連載

Uber、大丈夫? 5万人の情報漏えいで流出元の特定を急ぐドライバーの情報が流出

Uberは約5万人のパートナードライバーの情報が盗まれたことを受け、情報の流出元特定につながる可能性のあるGitHubデータを入手する目的で召喚を申し立てた。

[Michael Heller,TechTarget]

 オンライン配車サービスの米Uberは、データベースが2014年に不正侵入され、数万人の運転手の個人情報が盗まれていたことが分かったと発表した。

 同社データプライバシー管理顧問キャサリン・タッシ氏の発表によると、データベースが破られた可能性があることが2014年9月半ばに発覚し、調査したところ、Uberのデータベースが同年5月13日(米国時間)に不正アクセスされていたことが判明した。

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

リモートワークや時差出勤の導入状況を企業IPアドレスへの接続状況で読む――インティメート・マージャー調査
ゴールデンウイーク明けは全国的に企業IPアクセス数の割合が増えています。ということは...

news133.jpg

IoT環境における「モノと人との会話」 男女で傾向の違いあり――博報堂DYメディアパートナーズがVRで調査
モノに話しかけられると、女性は会話を楽しみ、男性はイライラすることがあるようです。

news104.jpg

新型コロナが加速するオンライン商談、過半数の企業が導入――ベルフェイス調査
訪問しない「オンライン商談」の導入がコロナ禍で急増しているようです。