Uber、大丈夫? 5万人の情報漏えいで流出元の特定を急ぐドライバーの情報が流出

Uberは約5万人のパートナードライバーの情報が盗まれたことを受け、情報の流出元特定につながる可能性のあるGitHubデータを入手する目的で召喚を申し立てた。

2015年03月16日 08時00分 公開
[Michael Heller,TechTarget]

 オンライン配車サービスの米Uberは、データベースが2014年に不正侵入され、数万人の運転手の個人情報が盗まれていたことが分かったと発表した。

 同社データプライバシー管理顧問キャサリン・タッシ氏の発表によると、データベースが破られた可能性があることが2014年9月半ばに発覚し、調査したところ、Uberのデータベースが同年5月13日(米国時間)に不正アクセスされていたことが判明した。

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

コカ・コーラ流 生成AIをマーケティングに活用する方法(無料eBook)
生成AIがこれからのマーケティングをどう変えるのかは誰もが注目するテーマ。世界最先端...

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...