2015年03月16日 08時00分 公開
特集/連載

Uber、大丈夫? 5万人の情報漏えいで流出元の特定を急ぐドライバーの情報が流出

Uberは約5万人のパートナードライバーの情報が盗まれたことを受け、情報の流出元特定につながる可能性のあるGitHubデータを入手する目的で召喚を申し立てた。

[Michael Heller,TechTarget]

 オンライン配車サービスの米Uberは、データベースが2014年に不正侵入され、数万人の運転手の個人情報が盗まれていたことが分かったと発表した。

 同社データプライバシー管理顧問キャサリン・タッシ氏の発表によると、データベースが破られた可能性があることが2014年9月半ばに発覚し、調査したところ、Uberのデータベースが同年5月13日(米国時間)に不正アクセスされていたことが判明した。

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...