2014年03月28日 08時00分 公開
特集/連載

「Uber」めぐるタクシー業界のバトル発生、背景にある重要技術とは業界の期待が高まるモバイルアプリ

位置認識タクシーサービス「Uber」が注目されている。同種のサービスとの競争も激化。背景には業界の「位置認識アプリ」への期待の高まりがある。

[Ashley Smith,TechTarget]

 最近「Gett」という名前を知ったばかりなら、1月中旬にGettと米Uberの間で発生した騒動が情報源ではないだろうか。Uberは米ニューヨークではGettとライバル関係にある企業で、タクシーを予約するアプリを提供している。

 UberはGettのドライバーに偽の予約電話をかけ、車両が目的地に近づくとキャンセルするという行為を3日間で100回も行った。そして、その直後に、Gettのドライバー宛てにUberで働くことを勧誘するSMSを送っていた。

 この騒動の後、Uberは熱心に勧誘活動を行っていたドライバーがいたことを認めて謝罪した。しかし、Gettは法的措置を取ることを検討している。

全業界が位置認識に注目

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...