2010年06月01日 08時00分 公開
特集/連載

Webセキュリティに欠かせないSSL暗号化自社サイトのセキュリティを強化するHTTPS実装

ログインページなどで見掛ける「https://」で始まるURL。意味は知っていても実装の方法をご存じだろうか?

[Mike Chapple,TechTarget]

 暗号化技術でWebサイトのセキュリティを確保できることはご存じかもしれない。だが、HTTPSの末尾の「S」の具体的な意味や、HTTPSをあなたの会社のWebサイトに実装する方法はご存じだろうか。

 本稿では、SSL(Secure Sockets Layer)を使った暗号化によってWebサイトの通信を安全にするためのポイントを見ていこう。

 まず、過大な期待はしないことだ。Webサイトでセキュリティ証明書を使う目的は、以下の2つだ(2つしかない)。

  1. クライアントとサーバ間の通信を傍受から守る
  2. クライアントにサーバの身元を保証し、フィッシングなどの成り済まし攻撃を防ぐ

 すなわち、HTTPS通信を利用しても、コードに不備があるWebアプリケーションSQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング、DoS(サービス妨害)攻撃といったWebからの脅威を防ぐことはできない。だが、暗号化によって回避できるリスクを把握すれば、暗号化技術はWebセキュリティ装備の中で貴重なツールとなる。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

LINE広告ネットワークで「動画リワード広告」の提供を開始
新たな広告収益源の創出に加え、インセンティブ付与によるアプリ内の活性化も促進。

news102.jpg

福田康隆氏がアドビ退社後初めて語ったB2Bマーケティング&セールスと自身の「これから」の話
アドビ システムズ専務執行役員の座を退いた福田康隆氏が新天地ジャパン・クラウドで再始...

news084.jpg

「応援消費」についてジャパンネット銀行が調査 共感できるものにお金を使いたい人が6割
人や企業、地域などを応援する目的の「応援消費」に関する調査です。