2006年04月07日 09時55分 公開
特集/連載

SSL VPN導入に際してチェックすべき3つの重要なポイントBuyers' Guide

企業内ネットワークへの社員のリモートからのアクセス増加に伴い、SSL VPNへの関心が再度高まっている。

[TechTarget]

 SSL(Secure Sockets Layer) VPNに対する関心が再び高まっており、ある調査会社によると、配備計画を詳細に検討することにより、どのようなタイプの製品スイートがユーザー企業のニーズに合っているのかを判断すべき時が来たという。

 2005年上半期には、早期導入企業が一斉にSSL VPNに飛びついたが、このブームは半年で下火になった。米調査会社フォレスターリサーチの推定によると、昨年末の時点で、SSL VPN技術を積極的に利用している、あるいは導入を検討していたのは、大企業の50%だった。

 しかしここにきて、早期導入企業に倣ってSSL VPNを検討あるいは導入する企業が増えている。これは、同技術への関心が再び盛り上がっていることを示している。こういった状況の中、フォレスターリサーチでは、企業がSSL VPN製品あるいは特定のベンダーを選定する前に確認すべき3つの重要なチェックポイントを示した。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...