2006年04月07日 09時55分 公開
特集/連載

SSL VPN導入に際してチェックすべき3つの重要なポイントBuyers' Guide

企業内ネットワークへの社員のリモートからのアクセス増加に伴い、SSL VPNへの関心が再度高まっている。

[TechTarget]

 SSL(Secure Sockets Layer) VPNに対する関心が再び高まっており、ある調査会社によると、配備計画を詳細に検討することにより、どのようなタイプの製品スイートがユーザー企業のニーズに合っているのかを判断すべき時が来たという。

 2005年上半期には、早期導入企業が一斉にSSL VPNに飛びついたが、このブームは半年で下火になった。米調査会社フォレスターリサーチの推定によると、昨年末の時点で、SSL VPN技術を積極的に利用している、あるいは導入を検討していたのは、大企業の50%だった。

 しかしここにきて、早期導入企業に倣ってSSL VPNを検討あるいは導入する企業が増えている。これは、同技術への関心が再び盛り上がっていることを示している。こういった状況の中、フォレスターリサーチでは、企業がSSL VPN製品あるいは特定のベンダーを選定する前に確認すべき3つの重要なチェックポイントを示した。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...