2015年05月14日 08時00分 公開
特集/連載

ホワイトハウスへのハッキングを成功させた「偽メール」の正体とは?ソニー・ピクチャーズの事件でも焦点

ロシアからとみられるハッキング被害を受けたホワイトハウス。その始まりは、疑わしいメールだったという。猛威を振るう「スピアフィッシング攻撃」の実態と対策に迫る。

[Francesca Sales,TechTarget]
画像 米ホワイトハウスの公式サイト《クリックで拡大》

 ロシアのハッカーが、再びホワイトハウスをハッキングしたようだ。そのハッキングは、全く無害に見えるメールから始まった可能性がある。米CNNなどの報道によると、2015年4月初め、米大統領府のネットワークにハッカーが侵入した。そのネットワークでは、機密ではないものの、慎重な扱いが求められる情報がやりとりされていた。それらの情報は、外国の諜報機関にとって価値のあるものだ。

関連記事

米国家安全保障局(NSA)の元職員エドワード・スノーデン氏のリークから、NSAのハッキング集団「TAO」の能力と手口が明らかになった。その脅威の能力を見ていく。


ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...