2014年03月12日 08時00分 公開
特集/連載

「ロシアはハッカー大国」、米報道のやらせ疑惑を検証するソチ入りしたNBC記者がハッキングされた本当の理由

「ソチ五輪を訪れる人は、直ちにハッキングされる」。米NBC Newsが報じたリポートは行き過ぎたネガティブキャンペーンと批判されて当然だが、海外渡航予定者のセキュリティリスクの注意喚起には効果があったという。

[Brandan Blevins,TechTarget]

 米NBC Newsは2014年2月初旬、外国特派員主任リチャード・エンゲル氏によるリポートを放送し、「ロシアでは旅行者のPCやモバイル端末がいかに簡単にハッキングされ得るか」の検証を試みた。2014年冬季オリンピックの開催国であるロシアは、オンライン諜報活動や国家レベルのハッキング行為との深い関わりが指摘されている。

 この検証の正当性をめぐっては複数のセキュリティ専門家から疑問の声が上がったが、このリポートが「ビジネスデータのセキュリティ対策の基本を忠実に守らなければ、勤務先の機密情報をリスクにさらすことになりかねない」という現実を旅行者に思い出させる役割を果たしたのは確かだ。

攻撃回避に有効なはずの「基本的なセキュリティ対策」を全て無視していた

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...