2014年11月12日 15時00分 公開
特集/連載

重要データには「3要素認証」も面倒でもパスワード定期変更はやはり必要? ロシアハッカーが12億アカウント乗っ取り

12億個のアカウントが乗っ取られるという前代未聞の事件が発生した。セキュリティ脅威の拡大で、2要素認証の徹底や定期的なパスワード変更などの対策が求められる可能性がある。

[Francesca Sales,TechTarget]

 米Hold Securityによると、ロシアのハッカー集団が2014年8月上旬に4万2000件のWebサイトから12億個にも上るユーザー名とパスワードの組み合わせを盗み出したという。これは驚異的な数だ。この情報漏えいのニュースは、米Black Hat主催のセキュリティカンファレンスのさなかに飛び込んできた。カンファレンスでは、このニュースに関する話題で持ちきりだったのは言うまでもないだろう。だが、10億強という数値を伴う情報漏えいのニュースは、最高情報責任者(CIO)にとってどのような意味があるのだろうか。

最大でネット人口の3分の1のパスワードが盗難?

ITmedia マーケティング新着記事

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...

news127.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で飲食業経営者の6割が「このままでは事業継続困難」と回答――ショーケース調査
首都圏を中心とした飲食業界経営者に対して2020年3月26〜30日に実施した緊急アンケート調...