ワープストリーム、データそのものを暗号化するファイル転送サービスを開始NEWS

ワープストリームが、通信だけでなくデータそのものを暗号化する技術を採用したファイル転送サービス「暗号カプセル便」をリリースした。

2007年04月16日 20時03分 公開
[TechTarget]

 ワープストリームは4月16日、データそのものを暗号化する技術を採用したファイル転送サービス「暗号カプセル便」をリリースしたと発表した。このサービスは、通常用いられるSSLによる暗号化通信だけでなく、預けたデータそのものを暗号化する技術「AES」を採用したファイル転送サービス。

 AESは、米国の標準化機関であるNISTが選定した「次世代暗号標準」となっており、万一第三者にデータを発見されたとしても、それを解読されることがないばかりか、ワープストリームの社員でも解読は不可能だという。また本サービスでは、WindowsとMacintosh間でのファイルのやり取りにも対応。法人での登録も可能になったため、業務ファイルもより安全にデータ転送できるとしている。利用料金は10Mバイトで年額6300円(税込み)から。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...