2007年04月16日 20時03分 公開
ニュース

ワープストリーム、データそのものを暗号化するファイル転送サービスを開始NEWS

ワープストリームが、通信だけでなくデータそのものを暗号化する技術を採用したファイル転送サービス「暗号カプセル便」をリリースした。

[TechTarget]

 ワープストリームは4月16日、データそのものを暗号化する技術を採用したファイル転送サービス「暗号カプセル便」をリリースしたと発表した。このサービスは、通常用いられるSSLによる暗号化通信だけでなく、預けたデータそのものを暗号化する技術「AES」を採用したファイル転送サービス。

 AESは、米国の標準化機関であるNISTが選定した「次世代暗号標準」となっており、万一第三者にデータを発見されたとしても、それを解読されることがないばかりか、ワープストリームの社員でも解読は不可能だという。また本サービスでは、WindowsとMacintosh間でのファイルのやり取りにも対応。法人での登録も可能になったため、業務ファイルもより安全にデータ転送できるとしている。利用料金は10Mバイトで年額6300円(税込み)から。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...