2016年11月10日 12時00分 UPDATE
特集/連載

フルディスク暗号化は最後の砦Windows 10のフルディスク暗号化、「BitLocker」が有力な選択肢になる訳は?

Microsoftが提供しているフルディスク暗号化機能「BitLocker」に「Direct Memory Access」や「Azure Active Directory」などの新機能が加わった。Windowsを利用する企業にとってどんなメリットがあるのだろうか。

[Kevin Beaver,TechTarget]
イメージ

 IT管理者は、ユーザーのノートPCおよびその中に保存されている個人情報を保護するのに、どんな手段を使うかを決めなくてはならない。

 「Windows」搭載デスクトップの保護に関していえば、Microsoftのフルディスク暗号化技術である「BitLocker」が無償だからといって、それが最適な選択とは限らない。ディスク暗号化機能を提供するWindows拡張機能であるBitLockerには、過去に、隠れたコストや既知の脆弱(ぜいじゃく)性など、企業での使用に最適とはいえない理由がたくさんあった。特に、「Windows Vista」時代および「Windows 7」の登場間もないころはそうだった。SymantecやWinMagicなどのサードパーティーベンダー各社は、BitLockerのフルディスク暗号化機能に代わる有力な製品を提供していた。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。