BitLockerとどう違う? 市販「HDD暗号化製品」の利点と注意点「非Windowsマシン対応」や「多機能さ」で差異化

HDD暗号化を実現するのはWindows標準機能の「BitLocker」だけではない。充実するHDD暗号化製品の選定ポイントを解説する。

2012年01月11日 09時00分 公開
[Serdar Yegulalp,TechTarget]

 ノートPCの盗難・紛失時における情報漏えいの危険性を抑えるのに、マシンのシステムパーティションを含むHDD全体を暗号化する「HDD暗号化」は大いに役立つ。

 Windows向けのHDD暗号化の手段は幾つもある。最も単純なのは、Windows標準のHDD暗号化機能であるMicrosoftの「BitLocker」を利用することだ。BitLockerは、システムドライブと外部ストレージ双方を暗号化できる。

 BitLockerが現時点で利用できるのはWindowsマシンに限られる。MacintoshやLinuxなど複数プラットフォームのクライアントPCを抱えているユーザー企業の場合、サードパーティーベンダーのHDD暗号化製品が有力な選択肢となる。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。