2012年03月09日 09時00分 UPDATE
特集/連載

情報漏えいを防ぐ「最後の砦」導入効果を知る! 暗号化製品

サイバー攻撃を受けた際の情報漏えいを防ぐ“最後の砦”となるのが「暗号化製品」である。その導入のメリットや注意点、最新トレンドをまとめた。

[谷崎朋子]
写真 写真:ガートナー ジャパンの石橋正彦氏

 「データを持ち出されても、暗号化していれば中身を読まれてしまう心配はない。さまざまなセキュリティ対策を突破された先にある、実質的な情報漏えい被害を防ぐ手段として、暗号化は有効だ」。セキュリティ製品に詳しいガートナー ジャパンのセキュリティ担当リサーチディレクターである石橋正彦氏はこう強調する。

 例えば製造業の場合、社運をかけた新製品の図面のCADデータを暗号化せずに保存していたとする。それが競合他社に漏れて製品を先に販売されたら悲劇である。「企業の存続に関わるデータを保護する、いわば“最後の砦”だ」

 標的型攻撃など、回避が非常に困難なサイバー攻撃が増加している。データが持ち出された場合の事後対策の1つとして暗号化は有効だ。本稿は石橋氏の話を基に、暗号化製品の導入効果や導入の際の注意点などをまとめた。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...