センドメール、サーバ側で暗号化/添付ファイル圧縮を自動で行うメールセキュリティソフトの最新版NEWS

メールセキュリティ統合運用・管理ソフトの最新版「Mailstream Manager 3.0 日本語版」の販売を開始。S/MIMEによるメール本文の暗号化、メール添付ファイルのパスワード付きZipファイル圧縮をサーバ側で自動的に行える機能を追加している。

2008年06月10日 18時01分 公開
[TechTargetジャパン]

 センドメールは6月10日、メールセキュリティの統合運用・管理ソフトの最新版「Mailstream Manager 3.0 日本語版」の販売を開始した。サーバ側でメールを暗号化したり監査するといった機能拡張を行っている。

 「Mailstream Manager」は、メールゲートウェイからメールボックスまで、すべてのメールシステムを対象に、ウイルス/スパム対策、情報漏えい防止、誤送信防止やコンプライアンスのためのメールポリシー設定・実施を一元的に行えるソフトウェア。

 最新版では、設定したポリシーに合わせて暗号化が必要なメールを自動的に判定し、S/MIMEによるメール本文の暗号化、メール添付ファイルのパスワード付きZipファイル圧縮をサーバ側で自動的に行える機能を追加した。これにより、社外への送信前に必要な暗号化の実施を徹底できると同時に、暗号化前の平文メール、圧縮前の添付書類をアーカイブすることで内容の確認が容易になる、。

画像 ポリシーの管理画面《クリックで拡大》

 また、コンプライアンスやポリシーに違反した可能性のあるメールを送信前にサーバ側で隔離し、インシデントとしてどのように処理したかを記録・管理する機能「コンプライアンスインシデント管理」も追加。メール監査/メール管理者は発生したインシデントをWebベースのGUIでタイプ別、送信者アドレス別、重要度などの各種条件で把握でき、問題のある処理履歴を記録・管理することで情報漏えい防止やメール監査の強化を図れる。

画像 コンプライアンス/実行結果一覧画面《クリックで拡大》

 価格はオープンプライス。出荷開始はLinux版が6月16日、Solaris版が7月21日を予定している。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...