フォーバル クリエーティブ、「暗号化連携ソリューション」を発売NEWS

メールフィルタリング機能と暗号化機能を連携させ、添付ファイルの自動暗号化を実現

2007年06月28日 22時45分 公開
[TechTarget]

 フォーバル クリエーティブは6月28日、オレンジソフトおよびクリアスウィフトと協業し、「暗号化連携ソリューション」を7月1日より販売開始すると発表した。本製品は、電子メールセキュリティアプライアンス「MIMEsweeper Email Appliance」のフィルタリング機能と、メールゲートウェイでのZIP暗号化機能を提供する「BRODIAEA safeAttach」を連携させたもの。本製品を導入することで、個人の操作に依存することなく自動的に送信メールの添付ファイルが暗号化される。

 電子メール送信後、復号するためのパスワードがBRODIAEA safeAttachのシステムから別メールで自動的に送信者へ通知され、一定時間後に受信者にパスワードを通知することも可能である。また、パスワード付きZIPファイルで暗号化された電子メールを受け取った受信者は、OS標準の機能(Windows XP、Vista)で復号できるという。MIMEsweeper Email Applianceの最新フィルタリング機能のほか、SpamLogicアンチスパム、保留されたスパムメールを受信ユーザーで管理できるPMM機能、Kasperskyアンチウイルス/アンチスパイウェア/アンチフィッシングを搭載し、すべての電子メール履歴を追跡できるメッセージトラッキング機能およびレポーティング機能も装備している。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...