2010年03月08日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSマカフィー、USB経由のウイルス感染も防止する暗号化USBメモリ「McAfee Encrypted USB」

リムーバブルディスクの利便性を確保しながら、セキュリティも確保した。容量は1Gバイト/2Gバイト/4Gバイト/8Gバイトの4種類。

[TechTargetジャパン]

 マカフィーは3月4日、セキュリティ機能を備えた暗号化USBメモリ「McAfee Encrypted USB」を発表した。3月15日より提供開始する。

画像 暗号化USBメモリ「McAfee Encrypted USB」

 同製品の特徴は、リムーバブルディスクの利便性を確保しながら、同時にセキュリティも確保している点。デバイス上に保存されたコピーまたは転送された情報を暗号化し、認証済みのユーザーにのみデータ読み込み権限を与える。デバイスに組み込まれたアンチウイルスエンジンがデータのウイルスチェックをするため、USB経由のウイルス感染も防止できる。

 加えて、同社のセキュリティ管理ツール「McAfee ePolicy Orchestrator」と連携した全社規模でのデバイス一元管理も可能。管理コストを削減しながら社内のセキュリティ強化を実現するとしている。

 メモリ容量は1Gバイト/2Gバイト/4Gバイト/8Gバイトの4種類。価格はそれぞれ、1Gバイトが1万290円、2Gバイトが1万5750円、4Gバイトが2万790円、8Gバイトが3万6750円(いずれも税込み)。

関連ホワイトペーパー

McAfee(マカフィー) | 暗号化 | ウイルス | USBメモリ | 認証


ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...