2010年03月08日 09時00分 公開
ニュース

マカフィー、USB経由のウイルス感染も防止する暗号化USBメモリ「McAfee Encrypted USB」NEWS

リムーバブルディスクの利便性を確保しながら、セキュリティも確保した。容量は1Gバイト/2Gバイト/4Gバイト/8Gバイトの4種類。

[TechTargetジャパン]

 マカフィーは3月4日、セキュリティ機能を備えた暗号化USBメモリ「McAfee Encrypted USB」を発表した。3月15日より提供開始する。

画像 暗号化USBメモリ「McAfee Encrypted USB」

 同製品の特徴は、リムーバブルディスクの利便性を確保しながら、同時にセキュリティも確保している点。デバイス上に保存されたコピーまたは転送された情報を暗号化し、認証済みのユーザーにのみデータ読み込み権限を与える。デバイスに組み込まれたアンチウイルスエンジンがデータのウイルスチェックをするため、USB経由のウイルス感染も防止できる。

 加えて、同社のセキュリティ管理ツール「McAfee ePolicy Orchestrator」と連携した全社規模でのデバイス一元管理も可能。管理コストを削減しながら社内のセキュリティ強化を実現するとしている。

 メモリ容量は1Gバイト/2Gバイト/4Gバイト/8Gバイトの4種類。価格はそれぞれ、1Gバイトが1万290円、2Gバイトが1万5750円、4Gバイトが2万790円、8Gバイトが3万6750円(いずれも税込み)。

関連ホワイトペーパー

McAfee(マカフィー) | 暗号化 | ウイルス | USBメモリ | 認証


ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

中国向けマーケティング インバウンド“蒸発”をどう乗り越える?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news063.jpg

iOS 14新機能「App Clip」を自社ビジネスに活用する方法
Appleの最新OS「iOS 14」に搭載された新機能の一つ「App Clip」を自社ビジネスに活用する...

news047.jpg

読書「好き」59.7% 新聞「読まない」67.3%――日本財団が「読む・書く」をテーマに18歳意識調査
日本財団は「読む・書く」をテーマに30回目の18歳意識調査を実施しました。