2010年02月10日 09時00分 公開
ニュース

トレンドマイクロ、ウイルス検査機能を内蔵したUSB型対策ツール「Trend Micro Portable Security」NEWS

トレンドマイクロは、USB型のウイルス検索ツールを発表した。検索対象端末がオフラインでも最新のパターンファイルでウイルス検索できるのが特長。

[TechTargetジャパン]

 トレンドマイクロは2月9日、USB型のウイルス検索ツール「Trend Micro Portable Security」を発表した。検索対象端末のウイルスチェックをするUSBメモリと、検索結果/検索日時/検索対象端末名の情報を管理用PCで閲覧可能にする管理プログラムで構成されている。USBメモリに検索エンジンとパターンファイルを内蔵しており、検索対象端末がオフラインでも最新のパターンファイルでウイルス検索できるのが特長。

 利用方法は、まずインターネットに接続可能な管理用のPCを用意し、管理プログラムと最新のパターンファイルをインストール(ダウンロード)する。その後、USBメモリを管理PCに接続してパターンファイルを更新し、検索対象端末に接続する。検索対象端末の画面上に表示されるメニューからUSBメモリのアイコンを選択すれば、ウイルス検索が開始される。ウイルス検索が終了すると自動的にログがUSBメモリ内に保存され、再度USBメモリを管理PCに接続すれば、ログの閲覧・管理ができる。

画像 「Trend Micro Portable Security」の利用イメージ

 USBメモリを介してウイルスの検索・駆除・隔離が可能なため、検索対象端末には、特定のセキュリティソフトなどをインストールする必要はない。パターンファイルのアップデートや設定は、管理PCにUSBメモリを接続して実施する。また、複数のUSBメモリで実施したウイルス検索のログを、1台の管理PCで一元管理することも可能。

 価格は、新規購入時の1年間スタンダードサポートサービス料金、ハードウェア保証を含むUSBメモリ1本当たりの使用許諾料金を含む標準価格で2万4800円/本から。ただし、新規購入時の最低購入本数は20本とする。2年目以降、引き続きソフトウェアのサポートを希望する場合は、1年ごとに契約更新料(1万9800円/本)が必要となる。いずれも税別。

 導入時のシステム要件は以下の通り。

検索対象端末 管理PC
OS(日本語版OS/英語版OS対応) Windows 2000 Professional SP4(32bit版のみ)、Windows XP Professional SP1/SP2/SP3(32bit版のみ) Windows XP Professional SP1/SP2/SP3(32bit版のみ)
CPU Intel Pentium Processer 350MHzまたは同等スペックのCPU
メモリ 256Mバイト以上(512Mバイト推奨)
HDD空き容量 200Mバイト以上 300Mバイト以上
ソフトウェア Internet Explorer 6.0 以上

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...