2013年11月28日 15時00分 公開
特集/連載

危険にさらされるTwitterのユーザー情報、暗号化技術導入へPRISM対策を急ぐネット企業たち

米国諜報機関の通信監視プログラム「PRISM」の存在が明らかになって以来、ユーザー情報の保護に注目が集まっている。最近では、米Twitterも新たに暗号化技術「Perfect Forward Secrecy(PFS)」を導入した。

[Warwick Ashford,Computer Weekly]

 米Twitterは、ユーザー情報の保護強化を目的として暗号化技術「Perfect Forward Secrecy(PFS)」を導入した。現在、同社の全てのプラットフォームにPFSが実装されているという。米国諜報機関による通信監視プログラム「PRISM」の存在が明らかになって以来、テクノロジー企業やオンラインサービス事業者が相次いでユーザー情報の保護に乗り出している。

公開鍵が流出してもトラフィックの解読は不可能

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...