2013年10月28日 08時00分 公開
特集/連載

米国政府にも盗聴できないクラウドシステムを作るにはNSA問題をきっかけにツールが拡充

米国家安全保障局(NSA)の監視活動が暴露された事件は、結果的に新しいセキュリティ技術やコンプライアンス手順の開発を促す役割を果たすかもしれない。

[Neil McEvoy,TechTarget]

 エドワード・スノーデン氏による米国家安全保障局(NSA)の監視活動の暴露に関する事件は、結果的にクラウドにとって最高の出来事となるかもしれない。この事件は「必要は発明の母」の役割を果たし、新しいセキュリティ技術やコンプライアンス手順の開発を促すことになりそうだ。

 クラウドプライバシーの市場は勢いを増しており、高い水準のクラウドセキュリティ対策を望むクラウドの利用者やベンダーが使える技術は豊富にある。これが基盤となり、司法業界は力を合わせてクラウド契約とガバナンス規約の強化につなげるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...