米国政府にも盗聴できないクラウドシステムを作るにはNSA問題をきっかけにツールが拡充

米国家安全保障局(NSA)の監視活動が暴露された事件は、結果的に新しいセキュリティ技術やコンプライアンス手順の開発を促す役割を果たすかもしれない。

2013年10月28日 08時00分 公開
[Neil McEvoy,TechTarget]

 エドワード・スノーデン氏による米国家安全保障局(NSA)の監視活動の暴露に関する事件は、結果的にクラウドにとって最高の出来事となるかもしれない。この事件は「必要は発明の母」の役割を果たし、新しいセキュリティ技術やコンプライアンス手順の開発を促すことになりそうだ。

 クラウドプライバシーの市場は勢いを増しており、高い水準のクラウドセキュリティ対策を望むクラウドの利用者やベンダーが使える技術は豊富にある。これが基盤となり、司法業界は力を合わせてクラウド契約とガバナンス規約の強化につなげるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...