2013年10月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

NSA問題をきっかけにツールが拡充米国政府にも盗聴できないクラウドシステムを作るには

米国家安全保障局(NSA)の監視活動が暴露された事件は、結果的に新しいセキュリティ技術やコンプライアンス手順の開発を促す役割を果たすかもしれない。

[Neil McEvoy,TechTarget]

 エドワード・スノーデン氏による米国家安全保障局(NSA)の監視活動の暴露に関する事件は、結果的にクラウドにとって最高の出来事となるかもしれない。この事件は「必要は発明の母」の役割を果たし、新しいセキュリティ技術やコンプライアンス手順の開発を促すことになりそうだ。

 クラウドプライバシーの市場は勢いを増しており、高い水準のクラウドセキュリティ対策を望むクラウドの利用者やベンダーが使える技術は豊富にある。これが基盤となり、司法業界は力を合わせてクラウド契約とガバナンス規約の強化につなげるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...