2007年10月26日 04時45分 公開
特集/連載

VoIP暗号化は非現実的か音声通信に遅延は禁物だが

電話システムを攻撃する方法は多数あるが、ここではまず暗号化の問題を取り上げる。

[Tom Lancaster,TechTarget]

 電話システムを攻撃する方法は多数ある。昔ながらの「フリーキング」(1980年代のハッカーマガジン2600号に興味深い記事が載っている)からサービス妨害、盗聴まで多種多様だ。こうした攻撃からシステムを守る上で難しいのは、コンバージェンス化されたシステムではその性質上、攻撃経路が大幅に増えることになるからだ。例えばIP電話のシステムは、電話からも、ネットワークやTCP/IP側からも、電子メールとボイスメールを統合したようなアプリケーションからも、HTTP、LDAP、XMLといった多くのIP電話がサポートしているインタフェース経由でも攻撃できる。

 ここでは取りあえず、デフォルトのセキュリティ問題である暗号化を取り上げよう。ほとんどのネットワーク管理者がまず考えるのは、VoIPの暗号化は複雑な演算のせいでCPUに過剰な負荷がかかるため、非現実的だということだろう。暗号化プロセスのせいで遅れや支障が出て、会話の品質が損なわれるのではないかという不安だ。これはもちろん考えなければいけない要因だが、現在のネットワークのほとんど(特に米国内の場合)は、暗号化に対応して遅れを処理する余地が十分にある。

 秘密通話回線が必要なら(恐らく必要はないだろう。従来の電話で暗号化に対応しているものはほぼ皆無だ)、どの端末を暗号化するのか決める必要がある。プロバイダーのネットワークを経由するVoIPトランクのみ暗号化が必要という場合もあるだろう。この場合、「VPNアクセラレータ」が付いた通常のIPsecトンネルなど、ハードウェアベースの暗号化装置を使えばいい。こうした装置で生じる遅れは普通10ミリ秒足らずで、通常は簡単に適応できる。

関連ホワイトペーパー

暗号化 | VoIP | IP電話 | 脆弱性


ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...